imasia_10672601_S
(写真=PIXTA)

ブラジルレアルは7月入り後、中国株安、原油安、米利上げ期待といった外部要因に加えて、財政悪化やディルマ・ルセフ大統領の支持率急低下などの国内の悪材料も出てきたことから売りが加速した。

8月中旬以降はやや安定化しているが、材料面では反転の兆しが見られない。反発にむけては、国内政治の安定化、原油価格の反発あるいは米利上げを巡る不透明感の後退が必要となりそうだ。


安値更新の背景:内憂外患

ブラジルレアルは3月に36円台の安値をつけた後、40円丁度前後に反発して安定化したかに見えた。もっとも、7月入り後、米利上げからくる資金流出懸念が燻る中で、中国株価や原油など資源価格が続落するなど、外部要因が重石となった。

更に、国内でも政府が7月22日に財政緊縮目標を緩和、格付け機関S&Pによるソブリン格下げに繋がったほか、長引くマイナス成長や与党議員による国営石油会社ペトロブラス関連の汚職疑惑を受けてディルマ・ルセフ大統領の支持率が8%へ急落したことから再び下落基調となり、8月6日に34.91円の安値をつけた(図表1)。

その後は35円台で安定しているが、短期的には明確な状況改善は期待薄で、続落リスクが燻っている(ブラジルレアルの下落要因は表1を参照)。

20150820_fx-strategy-theme_1-thumb-500x407-2846

20150820_fx-strategy-theme_2-thumb-500x394-2845