餃子
(写真=Thinkstock/Getty Images)

焼肉、居酒屋などの外食フランチャイズを展開するアスラポート・ダイニング <3069> は31日、ワイエスフード<3358> 、三久食品と合弁でポーランドに子会社を設立すると発表した。

海外市場への進出の一環として、和食材の製造・販売を手掛けるJapan Food Alliance Sp.z.o.oを設立。第一弾として欧州でも人気の高い和食材の餃子を開発する。

今回、ポーランドの大手食品製造会社QFG S.A.と業務委託契約を締結、現地オペレーションで全面的な協力を得る。

資本金は190万ポーランド・ズロチ(約6100万円)で、アスラポート・ダイニングが51%、ワイエスフードが34%、三久食品が15%を出資する。10月30日に設立予定。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ベッカムがジョーダン超え?世界で最も収入が多い「引退したスポーツ選手」ベスト10
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】