ユニクロ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ファーストリテイリング <9983> は2日、カジュアル衣料店「ユニクロ」の9月国内売上動向を発表した。国内既存店売上高は前年同月比2.6%増で、前年実績を2カ月連続で上回った。

新規出店などを含む直営店計の売上高も前年同月比3.1%増と好調だった。客単価は既存店で7.1%増となり、24カ月連続でプラスとなった。一方で、来店客数は既存店ベースで前年同月比4.2%減と前年同月を4カ月連続で下回った。

9月は気温が低く推移したことで、女性向けのガウチョパンツなど新商品を中心に秋冬物の販売が好調だった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
シャープ、中国・深セン市にデバイス販売会社を設立 新体制で営業開始
11月4日上場へ!日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の上場を徹底解剖
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
証券業界に革命?「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)」に注目が集まる理由