米フォーチュン紙が過去18年間、毎年発表している「世界の勢いのある女性ランキング」は、世界中のあらゆるビジネス業界で最も活躍した女性達を順位付けしたものだ。今年度は、ITなどの新興産業だけでなく、自動車、金融など昔からある産業分野からも、女性経営者がランクインしているのが特徴だ。


10位 フィービー・ノバコビック(57歳) ジェネラル・ダイナミクスCEO

米中央情報局と米国防総省に勤務後、2001年に米政府ご用達の重機械コングロマリット「ジェネラル・ダイナミクス」に入社。2003年からCEOを務める。就任翌年には25億ドルの利益をあげ(前年度比7%増)、金融恐慌を微塵だにもしないそのたくましさで、堂々の10位入り。


9位 アイリーン ローゼンフェルド (62歳)モンデリーズ・インターナショナル(前クラフト・フーズ)会長兼CEO

Global VIP's Attend Clinton Global Initiative

(写真=Thinkstock/Getty Images)

米モンデリーズ・インターナショナル(前クラフト・フーズ)会長兼CEO。1981年の入社当時には一社員でしかなかったが、15年の月日を経て米副会長、加社長まで昇進。途中、米ペプシコに鞍替えするが、2006年には元鞘におさまり、数々のパワーウーマン賞を受賞している。


8位 シェリル・サンドバーグ (47歳)Facebook COO

Facebook Inc Introduces Search Function

(写真=Thinkstock/Getty Images)

2012年、Facebookの女性COOに就任。経営コンサルタント、米国務長官の補助役などとして勤務後、グーグルに転職。2008年、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOから現役職に抜擢される。フェイスブックに巨額の富をもたらしたキーウーマンだ。


7位 メグ・ホイットマン(59歳) ヒューレット・パッカードCEO

meg_whitman
(写真=Thinkstock/Getty Images)

名門米プリンストン大学で経済学を専攻後、米ウォルト・ディズニー・カンパニーのマーケティング部門の副社長、米eBayのCEO、米ドリームワークス・アニメーションSKGの取締役など、様々なジャンルで経験を積んだ後、2011年に米ヒューレット・パッカードCEOに就任。


6位 アビゲール ・ジョンソン(53歳)フィデリティ・インベストメンツ社長

ネッドの愛称で知られる米大富豪、エドワード・ジョンソン3世の娘。1986年に米ハーバード・ビジネス・スクールで経営学修士を取得した2年後、祖父ジョンソン2世が創立し、父親が会長を勤める投資信託会社、フィデリティ・インベストメンツに入社。2014年社長に就任。