ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
ライフ
Written by ZUU online編集部 1,599記事

なぜ若者はSNSで2人の写真を公開するのか? カップルアプリが人気の理由

注目を集めるためにバカげた行為の写真をアップ?

 藤田氏はまた、「SNSでプライベートを公開しても瞬間的に満たされるだけで、本人が抱えている根本的な欲求が満たされるわけではない」とも話す。

 Twitterで刺激的な投稿を繰り返す若者が時々話題になる。バイト先で大型冷蔵庫に入ったり、飲食店のキッチンで不潔な行為をしたり、時には犯罪にあたるような行為をしたりして、その様子を撮影し、Twitterで公開するものだ。こうした“バカッター”などと呼ばれる現象も「承認欲求の1つ」だという。「誰かに認められたい」という意識は第三者から褒められたり認められるという行為だけではなく、注目を浴びること自体にも欲求の解消になるというのだ。

 「なぜ自分の恥をわざわざ世間にさらすのか」と疑問に思うのが一般的な感覚だろうが、承認欲求の手段だといわれれば、理解できなくもない。

自分を認めてあげられるのは自分しかいない

 しかしこうした行為は、あくまで瞬間的な解消、浅い満足度を得られるだけで終わってしまう。いつまで経っても満足することはできない。

 本当の意味での“満たされる”とは何だろうか。例えば第三者から支持されたり、金銭を稼いだりする方法が考えられるが、それとて“誰か・何かに依存しなければ得られない”もの。

 そこで藤田氏は「自分自身で自分を認めてあげる・喜ばせてあげることが一番大切」と語る。

 例を挙げると、自らが「したい」と思うことに打ち込むこと。情熱を注げるものを見つけることが有効的のようだ。仕事でも趣味でもジャンルは問わないので、一度自分が欲することを振り返ってみるといいだろう。周囲からの評価は無視して、自身がやりたいこと・ものを実行することが、自己を認めるための第一歩になる。

 カップルアプリでのコミュニケーションだけでなく、現実世界での挑戦が、自分自身の人生をよりよいものにさせてくれるに違いない。

 もし自分の彼や彼女、あるいは子供や知人がSNSにプライベートな写真や、やり取りをアップしようとしていたら……。「リベンジポルノ」の被害者になるリスクもあるわけだから、よくよく考えたほうがいい。親しい人を諌めることは難しいかもしれないが、自分が思うところを話すだけでも、何かの助けになるかもしれない。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・「英語力ランキング」日本30位で韓国下回る 政府の教育支出が低すぎ?
・「世界MBAランキング」国内1位 東大や京大、慶應ではなく新潟のあの大学
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・世界が認めた日本車!「最も価値の高い自動車ブランド ベスト10」頂点に輝いたのはあの日本ブランド?

12
page 2 of 2
なぜ若者はSNSで2人の写真を公開するのか? カップルアプリが人気の理由
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 東京近郊のお勧めゴルフ場
NEXT 「暮らしやすい国ランキング」日本19位 韓国28位で「周囲が...