投資,失敗

最近はロボットが投資をするいわゆるAI投資というのが話題になることが多い。多大なるデータを瞬時に処理できるうえ、ロボットが投資先を決めて機械的に株を売買するので、人間が犯しがちなミスをしないという点でも一定の評価がなされている。

しかし、まだまだ株式市場においては人間が投資先やタイミングを決めて、自分の手で株を売買するケースが圧倒的に多い。それゆえに人間らしい失敗が市場で頻発する。

本記事では「投資家の失敗あるある」と題して、人間が投資で失敗してしまいがちな間違いを川柳にして、紹介していきたい。

1. 誤発注 売ったはずには ご用心

失敗の一つ目は誤発注という現象に関する一句。この誤発注とは、株を注文するときに株を売り買いする数量や、買いと売りの区別を間違って入力して発注してしまうことを指す。

筆者自身経験があるが、ある株を1000株売ったはずなのに、翌日保有株一覧を見るとなくなっているはずの1000株が2000株に増えていたことがある。つまり1000株売るのを間違って1000株買うで発注していたのである。これはその株の値動きに関係なく肝を冷やす瞬間である。

ちなみに企業などで多額の資金を運用するプロの投資家ですら誤発注をしてしまうことはある。普通の個人投資家もプロの投資家も人間であることに変わりはないのである。単純ミスなので、気を付けていれば防げる失敗でもある。

2. 上がる株 なかなか買えず 天井掴み(字余り)

めぼしい株式があったときにその値動きを追い始める。思惑通り、株価は順調に値を上げていく。

しかし、株価が上がり始めてしまうと、次下がったら買おうという考えが出てしまい手が出させなくなる。上がり始めた株式は下がってくることはなく上昇を続ける場合が多い。上昇銘柄の値下がりを待っているだけの「押目待ちの押目なし」という状態に陥る。

散々待って、我慢できなくなってその株式を買ってしまうと、そこが天井で以降株価は下がり始めるという失敗をしてしまうのだ。

人間心理からすると、この「我慢できなくなって買ってしまう」というところがポイントだ。その株式が買うのを我慢できなくなるほど魅力的な値動きを演出する先行して買っている投資家たちの売りが湧いて出ることが必至だ。

3. 下がりすぎ その判断が 命取り

投資家は株価が下がるとお買い得だと思ってつい買ってしまうという失敗をすることがある。

投資家たちが集まるネット上の掲示板においても、リアルのオフ会などにおいても「さすがに下がりすぎだ!」という言葉が使われることが多い。ただし、その発言は過去の値動きに対する暴落に用いられることが多い。

これは人間心理の「アンカリング効果」によるところが大きい。この効果は簡単に言うと、過去の値段を判断材料にして、現在の値段の高い安いを判断するというもの。

例えば、1000円前後で推移していた株式がなんらかの理由によって20%下落した場合に、1000円という数字に慣れてしまっていたために下落後の800円という株価が安いと思い込んでしまうことがある。根拠もないのになぜか下がりすぎだと思って株を買ってしまうのだ。

でも、実際にはそこが下落のスタート地点ということはよくある話だ。過去の値段と比較して漠然と安いと思い込んでしまうことは投資のおいては最大の失敗の元となることがあるから気を付けたいものだ。

4. 買ってない ときに限って 株上がる

大統領選後、まさかの円安株高で株価が大幅に上昇している。日経平均株価は1万8000円をつけ、12月にはついに1万9000円を回復した。しかし、予想に反して利益の出ていない投資家は多いのだそうだ。

大統領選後、株価が一時的にも暴落を演じたり、2016年に何度も生じた株価の下落を見ているため、臆病モードとなってしまい資金を一時的に現金化してしまっている投資家が多いのだ。また予想に反して、個人投資家好みの小型株ではなく、機関投資家好みの大型株が上昇しているからという理由もある。

これぞまさしく「上がり始める肝心な時に株をもっていない」という投資家の失敗あるあるのうちの一つである。

ちなみに、株を買っていない投資家が重い腰を上げ「さあ、買いに行くぞ!」とでるタイミングではなにが起こるのか、お察しというものだ。

定番にも関わらず繰り返される失敗

投資家の失敗あるある川柳いかがだっただろうか。この4つの失敗はほとんどが定番であり、毎年同じように繰り返されているものばかりだ。ぜひ参考にしていただき2017年からの相場で同じような失敗をしないようにいただきたい。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学を卒業後、証券会社において証券ディーリング業務を経験。ヤフーファイナンスの「投資の達人」においてコラムニストとしても活動。2015年には年間で「ベストパフォーマー賞」「勝率賞」において同時受賞。個人ブログ「 インカムライフ.com 」を運営。著書に『 元証券ディーラーたにやんの超・優待投資 草食編 Kindle版 』(インカムライフ出版)がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)