旧村上ファンド出身者によって設立された投資会社エフィッシモ・キャピタル・マネージメント(シンガポール)が東芝の株式を8.14%取得し、筆頭株主になったことが明らかになった。これが好材料となり、24日の東芝株は一時前日比10%高の228円まで上昇した。

東芝,村上ファンド,モノ言う株主
(写真=PIXTA)

エフィッシモとは?

エフィッシモ・キャピタル・マネージメントは村上ファンドで中心企業であったMACアセットマネジメント社の元ファンドマネジャー、高坂卓志氏ら村上ファンドの元社員3人を中心として、シンガポールに設立された資産運用会社。企業の経営に重大な影響を与える合併・買収や業務提携をはじめとする重要な出来事が発生した時に起こる株価変動を、収益を生むチャンスととらえて投資するイベンドドリブン戦略を採っているいるとされる。

米国の基金を含む欧米の機関投資家から資金を集めていて、現在川崎汽船やヤマダ電機、第一生命などの複数の会社の株を大量保有している。

関東財務局に提出された大量保有報告書によると、同社は東芝の株式の8.14%に当たる42億3760万2026株を保有、筆頭株主に浮上した。報告書では報告義務が生じたのを3月15日としており、24日に240.9円という戻り高値をつけたのち、16日に181.6円に下がるまで約25%の下落が起こったタイミングで大量買をかけたものとみられる。

同社では東芝株の所得目的について「純投資」とし、大半は「投資一任契約に基づく顧客資産運用のため」だと説明しているが、同社はかつて株式を大量に所得した学研ホールディングスに、社長の解任や業績改善を迫った「モノ言う株主」としても知られており、経営改善策を求める可能性もある。

株式市場は大きな値動き

これを受け24日の東京株式市場で東芝株は一時、前日比で10%高となる228円まで上昇。2月24日以来、ちょうど1カ月ぶりの高値水準となった。これはエフィッシモ社の大量保有の影響を受け個人投資家を中心に思惑買いが先行したためと見られる。松井証券の窪田朋一郎氏によれば、空売りが積み上がっていた反動で買い戻しが活発化した面もあるという(日経新聞より)

ブルームバーグによると、日本アジア証券の清水三津雄エクイティ・ストラテジストは、エフィッシモ社の東芝株保有について「東芝に価値があり、現在の株価水準は割安と見て投資している」と分析している。

東芝株は米原発子会社のウエスチングハウス(WH)が抱える巨額損失による損失懸念を受けて、昨年暮れには株価が400円台から200円台に急落。年明け後は2度にわたる決算発表の延期や、主力事業であるメモリ事業のソニーへ売却、米原発事業の見直す報道などを受け株価は乱高下していた。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)