特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
銘柄分析
Written by ZUU online編集部 5,757記事

通期予想も強気に見直し

デフレの勝ち組「サイゼリヤ」好調 そのワケとは?

消費者の節約志向が高まり、小売業界では商品の値下げに踏み切る動きが出てきている。消費者マインドが冷え込めば、影響が避けられない外食産業だが、イタリアンワイン&カフェレストランを展開するサイゼリヤ <7581> は、このような状況下でも好調を維持し、業績予想を上方修正するまでの勢いを見せている。

予想上回る半期決算、通期予想も強気に見直し

サイゼリヤ,デフレ
(写真=Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです)

サイゼリヤの2017年8月期第2四半期の連結決算によると、売上高は前年同期比0.3%減の705億4800万円と伸び悩んだ一方、営業利益は同44.2%増の46億3800万円、純利益は同59.9%増の31億5200万円とそれぞれ大幅な伸びとなった。

従来の業績予想を上回る実績により、通期の連結業績予想を上方修正し、売上高1472億円(前回予想1457億円)、営業利益110億円(同93億円)、純利益75億円(同57億円)にそれぞれ引き上げた。

節約志向が広まる中でもサイゼリヤは、その充実した低価格帯メニューで顧客の支持を集める。ランチメニューはハンバーグなどの肉料理、スパゲッティ、ドリアの3種類のメインから選択し、サラダとスープまで付いて500円(税込)とワイコインで本格的な味が楽しめるとして根強い人気だ。

低価格でも食品のクオリティは折り紙つき。生ハムは本場イタリア・パルマ地方でチーズを作る過程できるホエーを食べて育った細やかな肉質のパルマ豚を使用。熟成まで職人が1年かけて仕上げる最高級品にも関わらず、2枚入りで399円(税込)と破格の値段で提供する。そのこだわりは、生ハムだけにとどまらず、ワインやオリーブオイル、チーズにまで及ぶが、グラスワイン1杯100円(同)など低価格に抑えられ、顧客の満足度を高める。

客数、客単価も堅調に推移

徹底したローコストオペレーション戦略で、顧客を魅了するサイゼリヤだが、トレンドの移り変わりの早い飲食業界で、新規顧客の開拓、リピーターの確保が欠かせない。サイゼリヤでは、「あさりたっぷり赤いボンゴレ」(税込499円)など、季節限定メニューを効果的に投入し、来店を促進する。

こうした戦略が奏功し、17年8月期上半期の既存店客数は前年同期比で1.6%増、客単価も同1.2%増となった。この傾向は、足元でも続き、17年3月の既存店における客数は同3.2%増、客単価は同1.2%増と堅調に推移している。節約志向が高まる中、低価格帯のメニューを提供するサイゼリヤの客足が伸びるのはさほど不思議なことではないが、消費者の財布の紐が固くなりそうな局面でも、客単価をしっかりと伸ばしている点は注目に値する。

客単価を押し上げるのに一役買ったのが新しく登場したデザートだ。サイゼリヤではこれまでイタリアンプリン(税込249円)、トリフアイスクリーム(同369円)など、お手頃なスイーツを提供してきたが、ここにイタリアンデザートの定番・ティラミス、ダークチェリーがアクセントのアマレーナ、さくっとしたメレンゲの食感が楽しめるメリンガータの3種類のアイスケーキが新たに加わった。その値段はなんと199円(税込)だ。

節約をしなければいけないが、せっかく外食に出かけたのでデザートも食べたいという消費者の心を的確にとらえた価格帯の戦略が見事にはまり、デザートの注文が伸びたことで、客単価のアップにつながったという。

不安要素は海外事業?

外食産業には逆風の消費者マインドの落ち込みが続く中で、快進撃をみせるサイゼリヤだが、不安要素が見当たらないわけではない。

堅調に推移する国内事業とは対称的に、海外事業、特に中国を中心とするアジアでは苦戦が続く。17年8月期の上半期連結決算によると、セグメント別のアジアでは、中国の税制変更により利益率が改善し、営業利益は前年同期比で40.2%増の14億3400万円に伸びた。

一方、売上高は同11.8%減の146億3300億円と2ケタのマイナス幅となった。特に中国本土は上海、広州、北京とすべての地域で、売上高が前年同期比で9.4%-17%減と軒並み落ち込んだ。苦戦する中国事業を横目に、台湾やシンガポールでは売上がアップしている状況だが、事業規模が中国本土ほど大きくないため、アジア事業全体の売上を押し上げるまでには至っていない。

海外事業では不安要素は残るものの、国内では底堅い業績を積み上げるサイゼリヤ。投資家も業績の上方修正を好感し、株価は4月に入り、年初来高値を更新。節約生活の毎日の中でも、たまには外食を楽しみたいけど、贅沢はできない。

しかし、安かろう悪かろうではなく、本格的な味を楽しめる上にお手軽に食事をしたいという、本来は無理難題にも思える消費者の要望に応える受け皿として、サイゼリヤはその役割を果たし、デフレの申し子としてしたたかに成長を続けている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
「個人の財務諸表」の考え方!プロから学ぶ改善術とは?(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
スキンケアが武器に!?ビジネスにおいての5つのメリット(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

デフレの勝ち組「サイゼリヤ」好調 そのワケとは?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV アスクルは「大火災の痛手」から立ち直ることができるか?
NEXT がん診断画像デジタル化 関連しそうな銘柄は?