特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 専門家たちの金言 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
銘柄分析
Written by ZUU online編集部 5,992記事

日々のニュースから銘柄選び

【投資のヒント】早速、上方修正に踏み切った銘柄は

先月から始まった3月決算企業の本決算発表もほぼ終わりましたが、3月決算企業の本決算発表と並行して12月決算企業の第1四半期決算発表も行われていました。その12月決算企業の第1四半期決算発表も3月決算企業の本決算発表と同じく一巡となりましたが、なかには通期の業績予想を早速、上方修正した銘柄も幾つかみられます。

投資のヒント,12月決算銘柄,営業利益,上方修正
(写真=Thinkstock/GettyImages)

そこで今回はこの第1四半期から通期の営業利益の上方修正に踏み切った12月決算銘柄をピックアップしてみました。

例えばカメラやプリンターといった既存事業が回復基調で、有機ELディスプレー向けの装置も好調なキヤノン <7751> では通期の営業利益を150億円引き上げています。また、ポーラ・オルビスホールディングス <4927> と堀場製作所 <6856> では上方修正で最高益更新の可能性が一段と高まっています。

◆第1四半期に上方修正に踏み切った12月決算銘柄

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
日経平均2万円の前に「壁」はあるか?
決算発表一巡で材料難 FBI長官解任問題の行方も不透明で上値も重い展開か
米「グラス=スティーガル法」復活リスク:一部金融機関への影響は限定的
2017年4月米国雇用統計サマリー
【決算メモ】安川電機(6506)

【投資のヒント】早速、上方修正に踏み切った銘柄は
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 残業時間 公表義務付け 就業時間管理システム関連銘柄に注目
NEXT AIスピーカー、グーグル日本上陸 競争が激化すると・・・