特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 専門家たちの金言 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
ヘルスケア
PR
PR
Written by ZUU online編集部 426記事

(PR)SHISEIDO MENと考える肌メンテ

「ベタつく」「面倒」……スキンケアへの誤解に喝! 超簡単「肌トレ」で理想の肌を

ある程度の歳になった男の見た目の印象に大きな差を生むのが、顔立ちよりも肌そのものの質感だ。それはビジネスシーンにおいても同様である。

しっかりとした肌のケアを日常の習慣に取り入れたいところ。だがなんとなく敬遠してはいないだろうか? おそらくそれは偏見による間違ったイメージによるところが大きい。

そこで、勘違いしがちなスキンケアに対するマイナスイメージ、「男がスキンケアをしない言い訳」をピックアップしつつ、そのソリューションをSHISEIDO MENのアイテムとともに紹介する。

肌のケアに対するイメージは、実は間違いだらけ!?

スキンケア
(写真=PIXTA)

スキンケアをやらない理由1 ベタつく使用感が不快で苦手。

→ 浸透性の良い、水のような感覚で使える化粧水がある。

男の肌は、皮ふ表面からの水分蒸散量が高く水分量が不足しがち。何も手を施さずにそのままにしておくと、かえって多くの皮脂が分泌されてベタつきの原因になってしまう。「ハイドレーティングローション」なら、さらっとした水のような感触で肌に浸透。過剰な皮脂によるダメージを防ぎながらたっぷりと水分を補給して快適な肌に整えてくれる。

hydr_lo_zo
ハイドレーティングローション
<化粧水> 150ml 3,000円(税抜)

 

スキンケアをやらない理由2 スキンケア商品の香りが苦手。

→ フローラルグリーンの心地よい香りがストレスを緩和してくれる。

女性っぽい香りが苦手という人も多く見受けられるがそれは昔の話。昨今の美容は心地よい香りによる精神的な効果を積極的に取り入れるのがトレンドだ。SHISEIDO MENのスキンケアのシリーズはアロマコロジー技術をベースに独自開発したフローラルグリーンの香りが精神心理的なストレス緩和効果とバリア機能を高め、スキンケアの効果を一層を高める役割を果たしている。

スキンケアをやらない理由3 いろいろつけないといけないのが面倒。

→ 基本的には「洗顔+潤い補給」だけでOK。

スキンケアというと、難攻不落な非常にハードルの高いものと思ってしまいがち。しかし、ベーシックな部分で意識すべきは、肌を「洗浄すること」と「潤いを補給すること」の2つだけ。最初のステップとしては「クレンジングフォーム」による洗顔で汗や皮脂によるベタつきや不要な角層の表面を取り除き、「ハイドレーティングローション」で水分補給する2ステップでOK。

14smn_pro_zo
クレンジングフォーム
<洗顔フォーム> 130g 2,000円(税抜)

 

hydr_lo_zo
ハイドレーティングローション
<化粧水> 150ml 3,000円(税抜)

 

スキンケアをやらない理由4 しっかりケアしても、効果がわかりにくい。

→ 一歩踏み込んだケアを行えば、さらに効果がアップ。

自分の中に判断する“ものさし”がない分、効果を実感しづらいと思っている人は多いはず。そんな人には前述の2ステップにアンチエイジングケアを取り入れてみて欲しい。「トータルリバイタライザー」は乾燥や紫外線、不規則な生活などでバランスを崩しがちな肌を健康的に保ち、同時に肌の老化を防ぐ。肌にハリと明るいツヤが生まれ、肌への効果が実感できるはずだ。

totalr_zo
トータルリバイタライザー
<顔用クリーム> 50g 7,000円(税抜)

ビジネスパーソンのための肌ケアの新機軸、「肌トレ」を始めよう

「面倒くさい」というのも男たちをスキンケアから遠ざける大きな一因だが、それも大きな間違い。前述にもあるが、スキンケアのスタート段階においてやるべきは2~3ステップのみ。非常に簡単だが、日々の習慣をストイックに続けていくという意味ではトレーニングという意味合いの方が強い。そこで肌のためのトレーニングを、3段階のタイムラインに乗せて実際にレクチャーする。

●STEP 1 洗顔
所要時間 2分程度
使用アイテム:クレンジングフォーム

クレンジングフォームをしっかりと泡立ててから洗顔を行う。あごから頬にかけてのUゾーン、額から鼻のTゾーン、目元と口元の順に皮脂よごれの強い部分から洗っていく。洗い終わったらぬるま湯で皮膚をこすらないようにすすぐ。

●STEP 2 潤い補給
所要時間 30秒程度
使用アイテム:ハイドレーティングローション

洗顔後にタオルで軽く押さえるようにして水分を拭き取った後、500円硬貨大(約1.5ml)くらいのハイドロレーティングローションを手の平にとり、目のまわりは避けながら、軽くたたくようにしてなじませていく。

●STEP 3 アンチエイジングケア
所要時間 30秒程度
使用アイテム:トータルリバイタライザー

STEP:2によって肌を整えた後、パール粒2個分(約0.6g)くらいののトータルリバイタライザーを指先にとり、顔全体によくなじませる。これでひと通りの「肌トレ」は終了。

3つのステップでわずか3分程度

全プロセスに要する時間はわずか3分程度。たったこれだけのことを日常の習慣に取り入れるだけで、理想的な肌を手に入れられるのなら始めない手はない。さらに数日間でも続ければ、驚きの効果を体感できるはず。スキンケアならぬ「肌トレ」を、新たなビジネスパーソンのたしなみとして今すぐに始めて欲しい。

shiseido_itmes

>> 自分を磨くスキンケアで「一流の男」へ

「ベタつく」「面倒」……スキンケアへの誤解に喝! 超簡単「肌トレ」で理想の肌を
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV オランダ発、医療と介護の壁がない在宅介護システム「ビュー...
NEXT 「年齢とともに子どもの運動量が低下」幸福度との関連性に懸念