大手通信事業者(キャリア)から借り受けた回線によって安価な通信プランと端末を組み合わせた「格安スマホ」が、徐々に支持を広げている。大手通信事業者の株価を見ても、格安スマホの普及が大手キャリア市場の一角に食い込んできていることが分かる。

KDDI <9443> の株価は7月10日、その前日の2989.5円から2909円へと急落して以来、低迷を続けている。また、NTTドコモ <9437> も2631.5円と、1カ月前の6月21日の終値が2765円だったことを考えると、軟調が続いているというほかないだろう。ソフトバンク <9984> も含め、大手携帯キャリアは高額な端末料金と通信プランが大半であることから、より安価なサービスを求める声が強かった。

ここでは、格安スマホ関連銘柄の動きを追ってみることにしたい。

楽天 <4755>

格安スマホ,関連銘柄
(写真=PIXTA)

ネット通販大手の同社は、「楽天モバイル」の名で格安スマホを展開している。同社のMVNO (Mobile Virtual Network Operator =仮想移動体通信事業者)事業はまだ投資期にあるが、知名度が高いだけに、今後の動きが注目されるところだ。

2017年7月21日の終値は1324円で、半年前の1月20日の終値1136.5円と比較すると16.5%の上昇となっている。

インターネットイニシアティブ <3774>

ネット接続の草分けである同社は、法人向けのシステム構築や、クラウド、セキュリティなどに強い。MVNOの分野ではトップクラスだ。2017年7月21日の終値は2072円で、半年前の1月20日の終値1822円と比較すると13.7%の上昇となっている。

ビックカメラ <3048>

ターミナル駅周辺で大型店を展開している、家電量販大手の同社は、格安スマホや格安SIMにも力を入れている。

2017年7月21日の終値は1210円で、半年前の1月20日の終値1067円と比較すると13.4%の上昇となっている。

エディオン <2730>

中部、西日本を地盤とする家電量販上位の同社は、2012年に店舗名を「エディオン」に統一した。同社が展開している「EDION SIM powered by U-mobile」は、U-NEXT <9418> の提供するMVNOだ。2017年7月21日の終値は1005円で、半年前の1月20日の終値1081円と比較すると7.0%の下落となっている。

U-NEXT

映像・音楽配信サービスと光回線販売・代理の同社は、格安スマホの育成に力を入れている。2017年7月21日の終値は1158円で、半年前の1月20日の終値682円と比較すると69.8%の大幅上昇となっている。

イオン <8267>

国内流通2強の一角である同社は、不動産や金融などにも幅広く事業展開している。同社は「イオンモバイル」にも力を注いでおり、知名度もアップ中だ。2017年7月21日の終値は1709円で、半年前の1月20日の終値1668円と比較すると2.5%の上昇となっている。

LINE <3938>

スマホ向けにメッセンジャーアプリを運営している同社は、広告やゲームのほかMVNOにも積極的だ。2017年7月21日の終値は3880円で、半年前の1月20日の終値4025円と比較すると3.6%の下落となっている。

ティーガイア <3738>

同社は、2008年に商社系大手2社が合併してできた携帯販売代理店最大手だ。光回線販売や決済サービスも手掛けているほか、中国やシンガポールなど、海外進出にも力を入れている。2017年7月21日の終値は2160円で、半年前の1月20日の終値1841円と比較すると17.3%の上昇となっている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)