ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
投資を始める
Written by 谷山歩 123記事

好調な事業はどこ?

「ドラクエⅪ」が話題のスクエニHD 最近の動きは?

スクウェア・エニックス・ホールディングス(以下、スクエニHD) <9684> が発売したドラゴンクエスト・シリーズの最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の加熱ぶりが凄い。往年のドラクエファンからも「過去最高傑作では?」という感想も上がっているほどだ。

最近ではコンテンツの面白さはツイッターなどですぐに伝わるため、ドラクエをやったことはないけどツイートを見て「試してみたい」という人も増えるのではないだろうか。

ドラクエ人気と同時にスクエニHDの株価も上昇を見せている。同社の業績および、株価動向を最新のニュースと合わせてお伝えしていこう。

人気タイトル 据え置き型へと回帰

ドラクエⅪ,スクエニ
(©SQUARE ENIX CO.,LTD. Webサイトより)

スクエニHDの人気作品といえば、スクウェアの「ファイナルファンタジーシリーズ」とエニックスの「ドラゴンクエストシリーズ」だ。もともと、スクエアとエニックスが合併した際にもこの2大人気作品が競合関係になく、互いの利益がそれぞれ独立して企業の利益へと貢献してくれることを期待して合併されたという経緯がある。

最近では、ファイナルファンタジー14やドラゴンクエスト10がオンラインゲームとしての側面を持ち、新路線へと進んでいた感があった。特にドランゴクエストはシリーズ初のオンライン化ということもあり、往年のコアなファンからは一部失望があったようだ。

ここへきてファイナルファンタジー15、ドラゴンクエスト11共にプレステ4や3DSといった据え置き・ポータブル型のゲーム機へと場を移したことで、元々のコアなファンを呼び戻そうという戦略が見え隠れする。

ドラクエ11に至っては、ゲームと抱きかかえでプレステ4や3DSを限定仕様で販売するなど、どちらかといえば30代のある程度お金を自由に使える層狙いで販売を考えている模様だ。

こうした試みによる業績への貢献はのちのち見えてくるとして、最近のスクエニHDの業績動向を確認してみたい。

株価好調!30年3月期第1四半期の利益は?

スクエニHDの事業は一般に以下4つに大別される。

  • デジタルエンタテイメント事業
    売上高17.7%増加、営業利益44.9%増加
  • アミューズメント事業
    売上高13.2%減少、営業利益20.7%減少
  • 出版事業
    売上高2%増加、営業利益6.2%増加
  • ライツ・プロパティ事業
    売上高52.3%増加、営業利益4.2%増加

※カッコ内は第一四半期での前年同期比

アミューズメント事業での伸び悩みが見られるものの主力のデジタルエンターテイメント部門が大幅増収増益のため営業利益全体では43.9%増加と好調を維持している。

「NieR:Automata」などの過去商品のリピート販売やスマートデバイス、PCブラウザ等利用したオンラインゲーム「星のドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス」などの既存タイトルが好調推移をしている模様だ。

今後の人気タイトルの売上推移自体では、いずれは通期予想の上方修正なども多いに期待できそうだ。ちなみに今回の好決算を受けて、株価は順調に上値を追っているようだ。

北朝鮮問題など外部環境が悪いにも関わらず、株価は8月10日に3835円の終値をつけており、6月22日高値の3930円を射程に捉えている。動き次第では大台の4000円に乗る可能性も十分考えられる。2007年には奇しくも4000円台にはあと一歩のところで届かなかったため、今回は期待したい。(株価は8月10日終値より)

オンラインゲームは新規層へ向けた販促を継続

直近8月11日にはスマートフォン向けゲームとして「刀使ノ巫女」が配信される予定であることが伝えられている。同タイトルは2018年1月よりオリジナルアニメとして放送される予定のコンテンツだ。

すでに周知の事実となっているが、刀剣や巫女といった和風のアニメは一部のアニメファンからは熱烈な支持を受けている(現在でも女性の間で刀剣乱舞というアニメが流行りだ)。「刀使ノ巫女」もそこにインスパイアされて誕生したのではないかと容易に想像できる。

ただし、最近はアニメやそこで活躍する声優などゲーム外の興味からゲームの世界へと入ってくる人も増えてはいるが、コンテンツが乱立している上、ユーザーの見る目も肥えてきている。

スマホゲーム攻略で利益を増やすためには、昔ながらの既存コンテンツのオンライン化のみならず新たな層獲得のための販促が必要となってくるだろう。今後も同社のオンライン事業における挑戦は続きそうだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
住宅購入の前に読みたい記事5選|年収5倍までの住宅購入は正しいのか?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

「ドラクエⅪ」が話題のスクエニHD 最近の動きは?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 買うだけで増える?「ほったらかし投資」配当重視株4選
NEXT 今年の夏相場で考えたい「北朝鮮の地政学リスク」 今後の注...