3月決算企業の第1四半期決算発表も先月中旬に終わりましたが、日本経済新聞の集計によるとこの第1四半期は上場企業の約7割が増益を確保し、2割を超す経常増益となったようです。そしてこのように第1四半期が好調な決算となるなか最高益更新を予想する3月決算企業も少なからずみられます。

投資のヒント,高評価,最高益更新予想銘柄
(写真=Thinkstock/GettyImages)

そこで今回は営業利益で最高益が見込まれる企業のなかから強気(強気とやや強気の合計)の割合が8割以上と特に評価の高い銘柄をピックアップしてみました。

例えばトリドールホールディングス <3397> と三和ホールディングス <5929> では6人全員が強気の評価を付けているほか、日本電産 <6594> では15人が強気の評価を付け、強気の割合が9割近い水準となっています。

◆強気の評価が8割以上の最高益更新予想の3月決算銘柄

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
総選挙と今後の株式相場
権利・配当取りや配当落ち分の再投資などで堅調推移 日経平均は2万500円の節目超えを試す場面も
高配当・邦銀大手行の見通し
欧州選挙ラッシュの最終章:ドイツ総選挙、カタルーニャ住民投票の行方と為替への影響
リーマン・ショック後に一番あがっている指数とは? ~好業績の割安銘柄をご紹介~