3月決算企業の第1四半期決算発表も8月中旬に終わりましたが、日本経済新聞の集計によるとこの第1四半期は上場企業の約7割が増益を確保し、2割を超す経常増益となったようです。そしてこのように第1四半期が好調な決算となるなか最高益更新を予想する3月決算企業も少なからずみられます。

投資のヒント,最高益更新予想銘柄
(写真=Thinkstock/GettyImages)

そこで今回は営業利益で最高益が見込まれる3月決算企業のなかから目標株価コンセンサスが株価を2割以上上回り、上値余地が大きそうな銘柄を取り上げてみました。

例えば日本水産 <1332> では目標株価コンセンサスが株価を5割近く上回るほか、雪印メグミルク <2270> や亀田製菓 <2220> 、ブイ・テクノロジー <7717> でも目標株価コンセンサスが株価を3割以上上回っています。

◆目標株価コンセンサスが株価を2割以上上回る最高益更新予想の3月決算銘柄

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
雇用統計に賭けろ 2017
米国の経済指標並びに株式市場の強さに牽引されて堅調な展開 但し、週後半には様子見ムードが強まりそう
第31回 ノーベル賞ウィークの見どころと重たい課題
欧州選挙ラッシュの最終章:ドイツ総選挙、カタルーニャ住民投票の行方と為替への影響
過去10年、10月に勝率9割の銘柄とは?