フィナンシャル・タイムズ紙による「エクゼクティブMBAランキング」で、アジアのMBAプログラムがトップを独占した。特に中国からはトップ7に5つもランクインしている。

エグゼクティブMBA(EMBA)とは、実務経験を積んだシニア・マネージャー・クラスが目指す次のステップだ。仕事をしながら学ぶというスタイルを前提としたコースが多く、「さらにハイレベルな経営管理学の知識や経験を身につけたい」と望むビジネスパーソンの間で人気が高い。

このランキングは、米国のビジネススクール認定機関AACSBあるいは欧州のEQUISに認定を受けた世界137コースのEMBAプログラム を評価したもので、ビジネススクール自体と2013年のコース修了生4786人によるオンライン調査の結果から作成された。

EMBAランキング トップ20とコース終了3年後の平均年収

エクゼクティブ,EMBA,経営大学
(写真=Thinkstock/Getty Images)

20位 高麗大学ビジネススクール(韓国)平均年収28.3万ドル
19位 シンガポール国立大学ビジネススクール(シンガポール)26.2万ドル
18位 ロンドン・ビジネススクール(英国)22.2万ドル
17位 ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネス・スクール(英国)21.7万ドル
16位 ウォートン・スクール(米国)23.8万ドル
15位 シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス(米国)26.1万ドル
14位 中欧国際工商学院/CEIBS(中国・スイス)33万ドル
13位 IE ビジネススクール(スペイン)24.3万ドル
12位 IESE(スペイン)26.1万ドル
11位 スローン経営学大学院(米国)30.8万ドル

10位 ESCP ヨーロッパ(フランス・英国・デンマーク・スペイン・イタリア・レバノン)23.4万ドル
9位 サイード・ビジネス・スクール(英国)24.2万ドル
8位 Insead(フランス・シンガポール)28.1万ドル
7位 オーリン・ビジネス・スクール(中国)36.2万ドル
6位 上海交通大学安泰経済与管理学院(中国)36.4万ドル
5位 TRIUMグローバル・エクゼクティブMBA:スターン経営大学院/HEC経営大学院/ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(米国・フランス・英国)32.8万ドル
4位 EMBAグローバル: コロンビア・ビジネススクール/ロンドン・ビジネススクール(米国・英国)25.4万ドル
3位 清華大学/Insead(中国・シンガポール・フランス・アラブ首長国連邦)31.6万ドル
2位 EMBAグローバル・アジア:コロンビア・ビジネススクール/香港大学/ロンドン・ビジネススクール(中国・英国・米国)31.9万ドル
1位 ケロッグ/香港科技大商学院(中国)47.8万ドル

カリキュラム、年収などで大充実「ケロッグHKUST EMBA」

今年で17回目となるフィナンシャル・タイムズ紙のEMBAランキングは、中国のプログラムの強さが際立つ結果となった。

首位は1991年の設立以来急成長を遂げている香港科技大商学院(HKUST)の「ケロッグHKUST EMBA」。アジア屈指の金融都市香港に拠点を構え、世界をリードする高水準なカリキュラムが高評価を受けている。コース終了3年後の平均年収も飛びぬけて高い。

コロンビア・ビジネススクールや香港大学、ロンドン・ビジネススクールが共同で提供している「EMBAグローバル・アジア(2位)」「EMBAグローバル(4位)」といった、提携プログラムも人気だ。

Insead(8位)は通常の「MBAグローバル・ランキング」 で、米国の名門スタンフォード大学経営大学院やハーバード・ビジネススクールを抜いて1位獲得という快挙を成し遂げている。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由