ミドルリスク・ミドルリターン型の投資として注目を集めつつあるソーシャルレンディング。最近は投資先が日本国内だけではなく、海外をメインに扱うファンドも誕生してきている。

ソーシャルレンディング型の海外ファンドは、国内ファンドよりもリターンが大きい傾向にある。

例えば国内の不動産物件を扱うファンドだと、金利は一般的に3〜5%だが、海外の不動産物件を扱うファンドだと6〜11%のことが多い。

また日本円建による投資のほかに、米ドル建やユーロ建による投資もできるため外貨による資産形成もできるのが特徴だ。

ソーシャルレンディング型の海外投資ファンドのリスク

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,フィンテック
(写真=sdecoret/Shutterstock.com)

リターンが大きいが、その分、リスクも高くなる。

海外の企業などに融資をするため、その国の経済情勢が悪化すると債務不履行による貸し倒れが発生するリスクが高まってしまう。不動産などの担保付ローンであっても、その担保の不動産価値そのものが下がる可能性も否定できない。

また為替リスクも考慮する必要がある。米ドル建てやユーロ建て投資を行った際、期間満了の1〜2年後に投資したときよりも円高になっていると損益が生じるなかもしれないからだ。

ソーシャルレンディングサービス提供会社

海外に投資していた主なソーシャルレンディングサービスを紹介する。

●CrowdCredit (クラウドクレジット) 主に東欧を中心に融資を行うローンファンドを提供
https://crowdcredit.jp/summary/

クラウドクレジットは伊藤忠商事 <8001> と資本業務提携をしているソーシャルレンディングサービス。東欧を中心としたマイクロローンファンドを提供するサービスを行っている。円建だけではなくルーブル建て、ユーロ建て、米ドル建てなど外貨によって投資を行うファンドがあり、ロシアルーブル建てなどのマイクロローンでは金利12%のファンドも存在する。

2014年6月にサービスを提供して、現在(2017年10月24日時点)で設立から3年経過しており、Webサイトには「満期時運用レポート」、「期待リターンマップ」、「運用状況報告」などのコンテンツがあり、過去のファンドの運用実績について確認することができるなど透明性の高いサービスを提供している。

●GAIA FUNDING(ガイアファンディング) 米国不動産に特化したローンファンドを提供
https://www.gaiafunding.jp/

GAIA FUNDING(ガイアファンディング)はテキサス、カリフォルニアを中心とした米国不動産に特化したローンファンドを提供している。米ドル建てではなく日本円建で投資を行い、5〜16カ月ほどの運用期間で金利は10%前後のファンドが多い。

2015年10月に最初のファンド公募を行い、現在(2017年10月24日)で設立から約2年経過しており、貸付472件中208件の完済(2017年10月24日時点)している実績のあるソーシャルレンディングサービスである。

あくまで国際分散投資の一つとして考えること

ソーシャルレンディング型の海外投資は、国際分散投資という考え方としてはいいだろう。

しかし高いリターンが期待できる一方、貸し倒れの可能性や為替リスクなどもあり、担保付ローンであっても元本に対する保障はないので、投資リスクは低いとは言えないのが現状である。

貸し倒れや為替リスクなどを踏まえて、バランスよく資産配分を考えながら行っていくのがよいだろう。(ZUU online編集部)