先月下旬からスタートした3月決算企業の第2四半期決算発表もほぼ終わりましたが、それと並行して行われていたのが12月決算企業の第3四半期決算発表で、こちらもほぼ終了となっています。

投資のヒント
(画像=Thinkstock/GettyImages)

そこで今回は第1四半期(1-3月期)と第2四半期(4-6月期)の営業利益は減益ながら第3四半期(7-9月期)に増益に転じた12月決算銘柄をピックアップしてみました。

例えばシマノ <7309> は第1四半期の3ヵ月間が前年同期比5%余りの減益、第2四半期の3ヵ月間も14%近い減益で、第3四半期累計9ヵ月間(1-9月期)も4%の営業減益となっていますが、第3四半期の3ヵ月間でみると10%近い増益となっています。また、第1四半期と第2四半期に大幅な減益となったローランドDC <6789> でも第3四半期が3割余りの大幅増益に転じています。

投資のヒント
(画像=マネックス証券)

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
日経平均 3万円の根拠 PART1
押し目買い意欲の強さを確認する週 米国の税制改革の行方が引き続き波乱要因に
DeepMacro FX-1 ドルのネット・ロングを継続 サイズも先週とほぼ変わらず
2017年10月米国雇用統計プレビュー
マネックス銘柄スカウターを活用した銘柄選び