11月27日~12月1日の東京株式市場は堅調に推移した。米株式の上昇を背景に、日本株も上値を目指す展開となった。日経平均株価は2万2000円台後半で推移しており、短期的には2万3000円を超えることができるか注目される。ただ、同水準では年末を控えて利益確保の売りが先行することも想定され、上下にやや荒っぽい値動きとなる可能性もあるので注意が必要だろう。

東証マザーズ市場「11月の上昇率」ランキング

力の源ホールディングス,株価
(画像=プレスリリースより)

それでは、今回は東証マザーズ市場「11月の上昇率」ランキングをみていこう。

(1)フィル・カンパニー <3267> 4000円 +103.77%
(2)ジーンテクノサイエンス <4584> 2430円 +98.69%
(3)力の源ホールディングス <3561> 2182円 +91.40%
(4)串カツ田中 <3547> 6930円 +85.13%
(5)Orchestra Holdings <6533> 2300円 +77.40%
(6)アルファポリス <9467> 1980円 +60.98%
(7)マーケットエンタープライズ <3135> 1020円 +59.87%
(8)メドピア <6095> 1003円 +56.47%
(9)ビリングシステム <3623> 1万1300円 +55.01%
(10)ディジタルメディアプロフェッショナル <3652> 7690円 +51.38%
※銘柄、証券コード、株価、上昇率の順。11月30日現在。

11月の東証マザーズ指数は前月末比35.03ポイント高の1169.06ポイントで取引を終了した。月前半は軟調であったが、後半から月末にかけて切り返す展開となった。なお、今回のランキングを業種別でみると小売業と情報・通信業が各3銘柄、次いでサービス業が2銘柄、建設、医薬品が各1銘柄となっている。

力の源ホールディングス、業績好調な外食銘柄として人気化

今回は上記ランキングから力の源ホールディングス、フィル・カンパニー、アルファポリスを取りあげる。

力の源ホールディングスは、博多ラーメン店「一風堂」を展開する力の源カンパニーの親会社。海外展開を強化している。

11月9日に同社は決算を発表。2018年3月期の第2四半期まで(4〜9月)の連結経常利益が前年同期比4.4倍の4億円となったことを明らかにした。同社は通期の見通しについても上方修正しており、投資家の買いを集めて株価も急上昇した。

22日には、ANA(全日本空輸)の国際線プレミアムエコノミーの軽食に一風堂監修の「柚子香る鶏豚(トリトン)そばスープ」を提供すると発表した。ファーストクラスやビジネスクラスで提供している一風堂のラーメンが好評で、プレミアムエコノミー向けにメニューを拡充したという。

力の源ホールディングスの株価は27日の取引時間中に年初来高値を更新、今回のランキングで3位となった。

フィル・カンパニー、駐車場上の空中店舗を展開

フィル・カンパニーは駐車場を活用した空中店舗の開発事業を行う建設会社。

11月7日、同社は日本郵政キャピタル、いちご <2337> の2社と業務提携し、両社を割当先とする第三者割当増資を実施すると発表した。調達資金は開発用地の取得費用と空中店舗の建設費用に活用する。この発表を受けて、フィル・カンパニー株は連日のストップ高となるなど上昇傾向を強めた。

フィル・カンパニーが手掛ける空中店舗(フィル・パーク)は、駐車場オーナーが開発主体となって建物を所有、テナントから賃料を得るというもの。同時にフィル・カンパニーは建物の建築と管理で収益を稼ぐビジネスモデルを軸としている。一方で、新たにフィル・カンパニーグループとしても自ら土地を取得し、空中店舗を展開するビジネスにも取り組んでおり、この費用を新株発行により調達するのが今回の提携の骨子となっている。

日本郵政キャピタルとの提携では、日本郵政グループが保有する土地の活用、郵便局来店者へのフィル・パーク事業の周知などを計画しており、知名度の拡大につながることも期待されている。

アルファポリス、投稿作品の新タイトル等が好調

アルファポリスは、インターネットに投稿された作品を書籍化する出版社。オリジナルの小説、マンガなどのWebコンテンツを登録、紹介できるホームページ「アルファポリス電網浮遊都市」を運営しているほか、オンラインゲームの運営等にも参入している。

11月10日、アルファポリスは通期業績予想を上方修正した。売上高予想は前回予想比3億円増の38億円、営業利益予想は同3億円増の5億円とした。投稿作品から誕生した新シリーズタイトルや電子書籍販売の好調に加え、ゲーム事業に関するコストを当初の見込み以上に圧縮できたことが上方修正の背景にあるという。

上記発表を受けてアルファポリス株は一時ストップ高となる上昇となり、今回のランキングで6位となった。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)