12月18~22日の東京株式市場は高値圏での揉み合いとなった。週初は米税制改革法案の成立が確実視されたこともあり、日経平均株価は前週末終値から348円上昇して始まった。しかし、その後は材料出尽くし感が広がって上値の重い展開に。クリスマス休暇で海外勢の動きが鈍かったこともあり、上げ一服の様相を呈していた。

ジャスダック市場の「高PER」ランキング

かんなん丸,株価
(画像=Thinkstock/GettyImages)

それでは今回は、ジャスダック市場の「高PER(株価収益率)」ランキングをみていこう。

(1)かんなん丸 <7585> (連)1219.11倍
(2)フォーサイド <2330> (連)860.53倍
(3)日本アンテナ <6930> (連)847.50倍
(4)ジー・テイスト <2694> (連)830.00倍
(5)コックス <9876> (連)766.67倍
(6)日本ロジテム <9060> (連)616.21倍
(7)AKIBAホールディングス <6840> (連)564.81倍
(8)多摩川ホールディングス <6838> (連)533.33倍
(9)サムシングホールディングス <1408> (連)410.27倍
(10)ネクストウェア <4814> (連)386.75倍
※銘柄、証券コード、予想PERの順。(連)は連結、(単)は単体。データはヤフーファイナンスに基づく。

PERは、現在の株価がEPS(1株当たり純利益)の何年分に相当するかを表している。ジャスダック全銘柄の予想PERの平均は20.78倍。これに対し、ランキングで最も低い10位のネクストウェアで386.75倍、1位のかんなん丸は1219.11倍と平均を大きく上回っている。

先週紹介したマザーズと同様、新興市場は「将来の成長」を見越した個人投資家の買いが旺盛であるが、中にはファンダメンタルズに対して過剰に買われている銘柄もある点に注意が必要だろう。

かんなん丸、「若者のお酒離れ」などで厳しい経営環境続く