現在、国内には財務局から認可を受けた仮想通貨の交換業者が複数あるが、サービスごとに取り扱う仮想通貨や手数料は異なっている。数倍のレバレッジをかけて行うFXのようなサービスや、マイナーコインと呼ばれる、まだ価値が高くない仮想通貨を取り扱っているサービスもある。アドバイザーに相談ができるサービスなども誕生しつつあるため、投資をする際には目的や方法に応じて重点的に利用するサービスを決定するのがよいだろう。トークン含めて売買できるコインを紹介していこう(一部を除いて情報は17年12月末時点)。

【採用した略称】
BTC ビットコイン/BCC ビットコインキャッシュ/ETH イーサリアム/ETC イーサリアムクラシック/QASH キャッシュ/XRP リップル/LTC ライトコイン/MONA モナコイン/LSK リスク/FCT ファクトム/XMR モネロ/REP オーガ/ZEC ジーキャッシュ/XEM ネム

仮想通貨
(画像=Webサイトより)

ビットコイン売買手数料無料のサービスを提供−−bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)はテレビCMなども積極的に行っている。主要株主にはみずほフィナンシャルグループを初めとする大企業が名を連ねているほか、三井住友海上火災保険による盗難補償保険に加入している。取引形式のため、現在のところは原則売買手数料が発生しない(ビットコイン販売所などの場合)のも大きな魅力といえるだろう。FXも可能。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、ETH、ETC、LTC、MONA
https://bitflyer.jp/ja/

安定した経験基盤が魅力的−−ビットポイントジャパン

ビットポイントジャパンの親会社は東証二部に上場しているRemixpoint(リミックスポイント) <3825> 。同社が提供するBITPoint(ビットポイント)はビットコインの送金が無料であり、現物取引手数料も無料のため、BTC建てでアルトコインを購入したい投資家から注目されている。

【取り扱い仮想通貨】BTC、ETH、BCC、LTC
https://www.bitpoint.co.jp/

全ペア取引手数料無料のキャンペーンが魅力的−−ビットバンク

ビットバンクは取引所だけではなく、最大20倍のレバレッジが可能な先物取引「ビットバンクトレード」や国内最大級のニューサイトの「ビットコインニュースBTCN」を運営している。さらにビットバンクの取引所は2017年10月16日から2018年3月31日まで全ペア取引手数料ゼロキャンペーンを行っているため、手数料を抑えて取引をしたい人はおさえておきたい。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、LTC、XRP、ETH、MONA
https://bitbank.cc/

SBIのグループ会社−−SBIバーチャル・カレンシーズ

SBIバーチャル・カレンシーズはSBIホールディングス <8473> のグループ会社であり、ネット証券やネット銀行に強みがあるSBIグループとしてのサービスに注目が集まっている。2017年12月末時点ではまだ一般口座開設受付を延期しており、本格的にサービスが始まってくのは2018年年始以降になると予想される。

【取り扱い仮想通貨】BTC
https://www.sbivc.co.jp/

アルトコインのレバレッジ取引も視野に入れている−−GMOコイン

GMOコインの最大のメリットは入金出金手数料が無料であり、コストがかからないところにある。また最大25倍のレバレッジ取引が可能であり、今後はアルトコインでの信用取引サービスも視野にいれている。ビットコインだけではなく、アルトコインでのレバレッジ取引を将来的に行っていきたいと考えている人は検討していいだろう。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、ETH、LTC、XRP
https://coin.z.com/jp/

FXのノウハウを活かしたサービスが特徴−−ビットトレード

ビットトレードはFXトレード・フィナンシャルのグループ会社であり、グループで培ってきたFXのノウハウを生かし、サービスを始めている。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、ETH、LTC、MONA、XRP
https://bittrade.co.jp/

サーバーダウンのない安定した取引所を提供−−BTCボックス

BTCボックスは2014年に設立された国内取引所では、老舗に分類される取引所だ。システムの安定性に評判があり、設立されてからサーバーダウンがないということが売りだ。セキュリティも高く、ビットコインの借り入れなどもできるため、安定した環境で取引を行いたいユーザーは登録をしてもよいだろう。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、ETH、LTC
https://www.btcbox.co.jp/

1月にサービスをリニューアル、入出金手数料も無料−−DMM Bitcoin

DMM Bitcoinはもともと「東京ビットコイン取引所」という名前であったが、2017年12月20日に社名を変更した、東京ビットコイン取引所として行っていた現行のサービスは同年12月20日に段階的に停止して、新しいサービスを2018年1月10日に公開した。レバレッジをかけた取引も可能だ。仮想通貨の売買だけでなく口座への日本円の入金や出金も無料だ。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、LTC、ETH、ETC、XRP、XEM
https://bitcoin.dmm.com/

レバレッジをかけた取引も可能−−QUOINE

QUOINE(コインエクスチェンジ)は2014年にシンガポールで設立され、2016年に日本に本社機能を移転した企業だ。ビットコインの売買手数料が無料であり、最大25倍のレバレッジや先物取引も可能である。また日本円を含む10ヵ国の通貨が利用できるのも大きな特色といえる。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、ETH、QASH
https://ja.quoinex.com/

今後の動向に注目−−ビットコインアルゴ取引所

ビットコインアルゴは2017年12月1日に金融通貨事業者登録が完了し、2017年12月末時点では営業再開中に向けて準備を進めている途中だ。今後、他の取引所と差別化するサービスの誕生に期待したい。

【取り扱い仮想通貨】BTC
https://arg-trade.com/

取引履歴のPDF出力のサービスがある−−エフ・ティ・ティ

エフ・ティ・ティは12月1日に仮想通貨交換業者登録された企業であり、取り扱い通貨についてはまだビットコインのみである。入出金や取引結果をPDFで自動出力できるサービスがあり、こちらを使うことによって確定申告の手続きが便利になるだろう。

【取り扱い仮想通貨】BTC
https://www.bitgate.co.jp/

ZAIFと業務提携をしたサービスを提供−−フィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引はジャスダックに上場しているフィスコ <3807> が主体の取引所で、テックビューロのZAIFと業務提携しサービスを行っている。上場企業であるフィスコが運営しているという点は強みかもしれない。また企業トークンとして、FSCC(フィスココイン)、NCXC(ネクスコイン)、CICC(カイカコイン)の取り扱いがあるところも特徴だ。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、MONA、FSCC、NCXC、CICC
https://fcce.jp/

マイナーコインの取り扱いが多いのが特徴−−テックビューロ

テックビューロの取引所であるZAIF(ザイフ)の最大の特徴は取り扱い通貨の多さである。PEPECASH(ペペキャッシュ)やCOMSA(コムサ)など国内の取引所ではここでしか取り扱いのしていない仮想通貨を購入することができる。今後もマイナーコインの取り扱いが増えていくことが予想されるため、マイナーコインを購入したい人におすすめしたい取引所といえるだろう。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、MONA、XCP、ZAIF、BCY、SJCX、PEPECASH、FSCC(フィスココイン)、CICC(カイカコイン)、NCXC(ネクスコイン)、Zen(ゼン)、XEM、ETH、CMS
https://zaif.jp/

アドバイザーが親身になって対応するサービスを準備中−−Xtheta

Xtheta(シータ)は仮想通貨の相談窓口として、一人一人のニーズに合わせたライフプランングや、仮想通貨の資産運用に関する状況を提供するサービスを2018年2月1日からスタートとする予定だ。アドバイザーの意見を聞きながら、運用を慎重に進めていきたいと考えている人は登録を考えてみてもよいだろう。

【取り扱い仮想通貨】BTC、BCC、MONA、XRP、LTC、ETC、XEM、XCP、ETH
https://xtheta.co/

グループの強みを活かしたサービスに期待−−マネーパートナーズ

FX事業に強みのあるマネーパートナーズグループ <8732> は今までのFX事業に+αという形でビットコイン事業に進出をしている。いまはまだビットコインしか利用できないが、将来的にアルトコインの取り扱いも視野に入れているなど期待が高まるサービスといえるだろう。

【取り扱い仮想通貨】BTC
https://www.moneypartners.co.jp/

レンディングサービスも提供、取り扱い通貨の種類も豊富——コインチェック

出川哲朗さん出演のCMを見たという人も多いかもしれないコインチェック。取引所だけでなく決済やレンディングサービスも提供している。レンディングは、投資家が保有している仮想通貨を同社に預けると、約期間満了後に利用料とあわせて仮想通貨を支払ってもらえるサービスだ。

【取り扱い仮想通貨】BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XMR、REP、XRP、ZEC、XEM、LTC、DASH、BCC
https://coincheck.com/ja/

(ZUU online編集部)

【お詫びと訂正】ビットポイントジャパンの内容に関して、上場市場(修正前:マザーズ、修正後:東証二部)の誤りと取扱い通貨(LTCを追加)に不足がありましたので、修正および追記いたしました。関係者の方には訂正してお詫び申し上げます。(1/17 10:23)