先月下旬からスタートした3月決算企業の第3四半期決算発表は先週末がピークとなり500社以上の企業が一日で決算を発表しました。こうしたなかTOPIX500採用銘柄に限ると先週末に30社余りの企業が決算を発表しています。そこで今回は早速9日の決算発表をTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に集計してみました。

決算集計速報
(画像=Thinkstock/GettyImages)

そのなかで株価が大きく上げたのが9日の昼休み時間中に決算を発表したバンダイナムコホールディングス <7832> で、営業利益の見通しは据え置きとなりましたが株主還元策を大幅に強化する方針を発表したこともあって後場に大きく上げ幅を広げ9%を超す上昇となっています。

一方でJXTGホールディングス <5020> は営業利益の見通しを上方修正したものの、コンセンサス予想に届かなかったこともあって株価は5%近い下落となっています。

決算集計速報
(画像=マネックス証券)
決算集計速報
(画像=マネックス証券)

もう一つのヒント

◆明日の決算発表スケジュールは

3月決算企業の第3四半期決算発表も終盤でTOPIX500採用銘柄に限ると明日が最後となります。そうしたなか明日はリクルートホールディングス <6098> やダイキン工業 <6367> 、日本郵政3社、大手生損保などが決算を発表する予定です。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
落ち着きどころを探る展開 米国の消費者物価指数に注目
日本株の調整局面はいつまで続くのか
「節分天井・彼岸底」 米国株の下落にいつまで付き合うか
米国債利回り:大型予算可決で高止まりも、株価下落リスクは遠のく
成長加速!なのに過去と比べて低評価に甘んじている銘柄は