1月下旬からスタートした3月決算企業の第3四半期の決算発表も先月中旬に終わりました。したがってアナリストによる業績や目標株価、さらにレーティングの見直しも随分と進んだと思われます。

投資のヒント
(画像=Thinkstock/GettyImages)

そこで今回はTOPIX500採用の3月決算企業を対象に決算発表前に比べ強気(強気とやや強気の合計)の評価が2人以上増えた銘柄をピックアップしてみました。

そのなかで決算発表前に比べ強気の評価が3人増えたのが京セラ <6971> で、これにより強気の割合が2割から4割まで上昇しています。また、強気が2人増えた日揮 <1963> では全員が強気の評価となったほか、同じく強気が2人増えたNTT <9432> でも強気の割合が8割強から9割強まで高まっています。さらに三菱瓦斯化学 <4182> やホンダ <7267> では強気が2人増えたことで強気の割合が5割を上回っています。

強気の評価が増えた銘柄
(画像=マネックス証券)

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
「日経平均3万円への道」アップデート 従来の見通しを維持するも、達成時期の後ずれシナリオを追加
米株市場の上昇を受け日本株も戻りを試すがドル円の鈍さと期末の売りが重石か
相場の弱さと、その中に見る光明
日経平均3万円への道-マクロ金融環境の再検証
【決算メモ】ダイドーグループホールディングス(2590)