中国オンライン保険市場は成長余地大

人々の生活水準及び保険意識の向上などで、中国の保険市場は中長期的に堅調な成長が続くと見込まれる(19~25年の年平均成長率は12.4%)。特に、オンライン保険の市場規模は25年に19年の6.3倍の1.9兆元(約30兆円)に急拡大する見込み(年平均成長率は38.1%)。

中国オンライン保険の市場規模

東洋証券
(画像=Oliver Wymanのデータ・予想より東洋証券作成 )

「ナマズ効果*」で市場活性化を推進

・急成長が見込まれるインシュアテック(保険とテクノロジーの融合)分野では、新興企業の新規参入が相次ぐほか、人工知能(AI)、クラウドやブロックチェーンなどの先端技術と膨大なユーザー数に優位性を持つビッグ・テック(Big Tech)企業も積極的に事業展開を進めている。

・テック企業などの新規参入は、保険業界に「ナマズ効果」を引き起こしている。保険各社も積極的なIT投資に転じ、インシュアテックに注力中。中国の保険会社によるIT投資額は23年に19年の1.7倍の546.5億元(約8600億円)に増加する見込み。 *ナマズ効果とは、あるグループに異質な要素を入れることで、活力が一段と高まる現象を指す。

中国保険会社のIT投資額

東洋証券
(画像=iResearchのデータ・予想より東洋証券作成)

インシュアテックの関連企業・銘柄

東洋証券
(出所)各種資料より東洋証券作成。※東洋証券のカバレッジ銘柄

>> 中国株を始めるなら東証証券

外国証券等について
・外国証券等は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き、日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。
手数料等およびリスクについて
外国株式等の手数料等およびリスクについて
・委託取引については、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して 最大1.1000%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
・国内店頭取引については、お客さまに提示する売り・買い店頭取引価格は、直近の外国金融商品市場等における取引価格等を基準に合理的かつ適正な方法で基準価格を算出し、基準価格と売り・買い店頭取引価格との差がそれぞれ原則として2.50%となるように設定したものです。
・外国株式等は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。

この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。この資料に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願い致します。この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

◇商 号 等:東洋証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第121号 ◇加 入 協 会:日本証券業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会 ◇本 社 所 在 地:〒104-8678 東京都中央区八丁堀4-7-1 TEL 03(5117)1040 http://www.toyo-sec.co.jp/

    関連タグ