楽天が24日からビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージできるサービスを開始した。同日、楽天の公式サイトで発表した。

楽天
(画像=Shutterstock)

これにより、暗号資産を楽天キャッシュにチャージすることで、セブンイレブンなどのコンビニや、マクドナルドなどのファストフード店、ドラッグストアなど、全国の楽天Payや楽天ポイントカード加盟店で決済が可能になる。サービスを提供は、楽天のグループ会社で楽天Edyなどのアプリ決済を展開する楽天ペイメント株式会社と、暗号資産交換業を運営する楽天ウォレット株式会社が共同で行う。

楽天
(画像=楽天)

楽天の発表によると、これまで楽天ウォレットで暗号資産を売却した日本円を銀行口座に出金するには300円(税込)の手数料が必要であったが、楽天キャシュに暗号資産から出金する際には手数料は無料になるという。なお、暗号資産によるチャージにおいてチャージ額に制限なく手数料無料でのサービスは国内初だという。

今回対応する暗号資産は、楽天ウォレットの現物取引で利用可能なビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの3銘柄。暗号資産を楽天キャッシュにチャージできる額は最低1,000円からで、1ヶ月の累計で最大10万円までとなっている。

また、楽天Payでアプリ決済をする場合、楽天キャッシュを使って支払うと楽天ポイントが100円(税込)につき1ポイント貯まるため、より便利かつお得に暗号資産を活用できる。

さらに、今春をめどに楽天Payのアプリからも、楽天ウォレットへ簡単にアクセスし暗号資産からチャージができる機能を実装する予定であるという。

楽天Payと楽天ウォレットは、今回のサービス提供にあたり「楽天グループのシナジーを生かし、便利でお得な暗号資産の運用や新しい利用方法を提供し、お客様の満足度向上を図っていきます」と抱負を語った。(提供:月刊暗号資産