米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)は29日、PayPal決済への対応を開始した。同日、コインベースが公式サイトで発表した。

コインベース
(画像=Shutterstock)

発表によると、PayPalのユーザーはデビットカードや銀行口座に紐づけられたアプリで、簡単にコインベースにアクセスでき暗号資産を購入できるという。

これまで暗号資産を購入するためには、取引所にクレジットカードや銀行口座番号の入力などを登録する手間や入金の反映に時間がかかった。しかし、PayPalを使用すると即時にコインベースで暗号資産の購入が可能となる。

コインベースはPayPalについて、「全てのサービスの透明性、パフォーマンス、セキュリティを保証し、適切なツールを導入している」「PayPalを使うことで、誰もが簡単かつ安全にコインベースへアクセスを可能にすることができます」と述べた。

PayPalは世界で約3億以上のユーザーが利用し、約2,400万以上の法人に導入されている。一方コインベースは、2021年の第1四半期に月間アクティブユーザー数が610万人以上いると報告している。今回、両社がパートナーを組むことで、暗号資産市場に多額の資金が流入する可能性がある。

また30日、両社の提携を受け、PayPalのCEOであるDan Schulman氏は、海外メディアPYMNTS.COMの取材に対し、「コインベースがパートナーになったことで、PayPalの暗号資産取り扱いサービスの取引高が数ヶ月以内に2億ドルに達すると予測しています」「時代は、暗号資産を含むデジタル通貨の時代に突入しています」「デジタル通貨は、暗号資産であれ、CBDCであれ、決済の実用性を高め、世界の金融システムをより包括的で低コストなものにすることができると信じています」と将来性を述べた。

PayPalは先月、暗号資産によるオンライン決済に対応したと発表した。今後、世界の数千万もの店舗にて、PayPalを通してビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュによる支払いが可能になるという。

今回発表された、PayPalを利用したコインベースでの暗号資産購入機能は、現在米国ユーザーのみに提供されているが、今後、数ヶ月以内により多くの国でサービスを拡大する予定だ(提供:月刊暗号資産