Fさんが保有した基幹ファンドは年間期待リターン5%、リスク10%ほど

プライベートバンクの基幹ファンドのパフォーマンスや手数料が気になっている人も多いだろう。山口氏によると、Fさんが保有した基幹ファンドは「ミドルリスク・ミドルリターン」のタイプで、年間期待リターンは5%、リスクは10%、購入手数料は0.5%、信託報酬は1%台前半だという。プライベートバンクの基幹ファンドの信託報酬は1%台後半〜2%ほどのものもあるため、相対的にはコストが低いと言えるだろう。

Fさんほどの規模でなくても、複数の金融機関をうまく競わせることで、よりよい条件を見つけようとする富裕層は少なからず存在する。命の次に大切なお金を預けるのだから、当たり前と言えば当たり前の行動だろう。購入する投資商品によっては、コンペさせることで手数料を下げてもらえる(=投資条件がよくなる)場合もある。適度な範囲で、金融機関を使い分ける、競合させることは重要だ。