ASEAN
(写真=Thinkstock/Getty Images)

AIGFの運用残高は1億3000万USドルで、戦略的投資家として新生銀行から出資を受ける他、日立製作所、大和工業、および東邦銀行といった日本を代表する有力企業・投資家からも出資を受けている。今後は、約1年の投資家募集活動を通じ2億ドル規模に拡大していくことを目指している。

AIGFは、安定的な経済成長・人口増加が見込まれるASEAN地域において、資金ニーズを有する地場優良企業に対し、成長の活力となる資金提供を行う。重点投資地域は、インドネシア、マレーシア、シンガポール、およびベトナムとし、資金提供のみに留まらず、三菱商事グループが有する幅広い事業ネットワーク・ノウハウ、CIMBのASEAN域内最大手金融機関としての顧客基盤・高い金融ソリューション力、日本政策投資銀行のASEAN地域における投資業務の経験を融合することで、地場企業の事業価値向上を持続的に支援していく。

三菱商事、日本政策投資銀行、CIMBは以前より投資ファンド事業に注力している。
三菱商事における企業向け投資ファンド事業は新興国から先進国まで幅広く事業を展開しており、三菱商事傘下のファンド運用会社による投資ファンドの組成を通じ、中・小企業及び大企業を投資対象に、様々な手法を用いた投資ファンドの運用を行っている。

日本政策投資銀行は、2008年10月の民営化以降、DBJ Singapore Limitedなどの海外拠点整備を進めるとともに、信頼できるパートナー及び内外の金融機関とのネットワークを拡充し、海外業務展開を推進している。ASEAN地域においても、傘下のファンドを活用したエクイティ投資を通じ、投資先が抱える課題を解決し、長期的な発展を支援している。

CIMBはコンシューマーバンキング、ホールセールバンキング、アセットマネジメント等幅広い事業を展開するASEANの代表的なユニバーサル・バンクであり、金融サービスの更なる拡充の一環として 、企業向け投資ファンド事業においても積極的に展開している。

(ZUU online)

【関連記事】
日本でも本格化する“プライベートバンク” の存在 普通の金融機関と何が違うの?
国内富裕層はなぜハワイのコンドミニアムを購入するのか?その理由に迫る!
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
SIMロック解除は「IoT」競争への号砲 動き出す通信キャリア
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株をa上場前に買う2つの方法