特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 4,266記事

デジタルガレージが米の個人資産管理アプリ開発会社に出資

資産管理ツール
(写真=Thinkstock/Getty Images)

 広告事業、決済事業、投資事業を行うデジタルガレージ <4819> は5月1日、米国で金融機関向けに個人資産管理(パーソナル・フィナンシャル・マネジメント)ツールの提供をすすめるMXテクノロジーズに新たに出資したと発表した。米国でも注目される「FinTech」企業の日本市場への参入にも期待しており、実現する際には支援する同社の構えも鮮明になった。

 発表によれば、MXテクノロジーズは、米国内で銀行などの金融機関向けに、顧客口座向けの資産管理ツールの提供を行っており、顧客口座の取引データ分析や管理ツールとともに、広告配信ソリューションを併せて提供している特徴を持っている。「FinTech」スタートアップが集まるカンファレンス「Finovate」で、MXテクノロジーズが5回ににわたって最優秀賞を受賞した経緯もあり、シェアも業界ではトップだ。

 デジタルガレージによるMXテクノロジーズへの出資は、同社子会社のDGインキュベーション(DGI)を通じて実現。「2010年6月にサービスを開始してから順調に業績を拡大している」とデジタルガレージは言及した。

 今回の資金調達を受けて、MXテクノロジーズは、DGIおよび他の出資企業と連携しながら現在展開している各種サービス強化を行い、クライアント企業とそのエンドユーザーへより強力なPFMツールを提供し、次なる成長フェーズを目指すと表明している。

 なお、米国の大手金融機関の一つであるUSAA社も今回、MXテクノロジーズへの出資を行ったとのことだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ソニー「世界で最も働きたい企業」2年連続2位に、気になる1位は?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
今年はゆうちょやLINEの株も購入可能?直近2年で勝率82%以上の「IPO株」とは
3月の完全失業率は3.4%に低下
上場へ再申請!時価総額1兆円か?LINEのIPO株を最速で手に入れるには?

デジタルガレージが米の個人資産管理アプリ開発会社に出資
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

今話題の『FinTech』

PREV サラリーマンに危機が迫る?仕事のコモディティ化で職を奪わ...
NEXT 大手証券の比較、明暗分けるはグローバル展開