資本業務提携
(写真=Thinkstock/Getty Images)

野村総合研究所  <4307> と日本生命保険相互会社が5月26日、資本業務提携契約を締結したと発表した。発表資料によると、日本生命グループのIT戦略を進化に向けた取り組みを加速させるため。

業務提携では、ビッグデータやIOTなど先端情報技術を活用したシステム態勢の研究、新たな保険ビジネスモデルの検討、相互の人的交流を通じた人材育成などに取り組む。

野村総合研究所の自己株式561万8300株を、日本生命が第三者割当で1株あたり4665円で取得する。すでに保有する分をあわせ、日本生命は野村総研株の3.03%を保有することになる。払込期日は6月10日。

野村総合研究所は調達資金約262億円を大阪府でのデータセンター建設やソフトウエア開発などに充てる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
アウディジャパン、限定モデル「Audi A8 Sport edition」など2車種を発売
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
タカラトミー、「浮いて走る」リニアモーターカーの玩具発売
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法