kadokawa
(写真=プレスリリースより)

KADOKAWA <9468> と埼玉県所沢市は6月4日、「COOL JAPAN FOREST 構想」を発表した。

同構想は所沢市の旧所沢浄化センター跡地に、KADOKAWAの新しい製造・物流拠点とともに、図書館・美術館・博物館を融合した施設を建設し、クールジャパンの総本山とも言える文化コンプレックスと街づくりの実現を目指す。

なお、企画準備会社として「ところざわサクラタウン」を、KADOKAWAが100%出資して7 月1日に設立する。

今後については推進会議「TEAM START」(S:サクラ、T:タウン、ART:アート)を発足し、所沢市とKADOKAWAが中心となり検討を進めるが、検討の具体化に際してはアドバイザリーボードや所沢市民と協働して、魅力的な地域のあり方を検討する機会を設ける予定。 (ZUU online 編集部)

【関連記事】
5月ブランド別新車販売台数、4位のマツダが60%増
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ダイハツ新型「コペン」累計販売台数1万台を突破
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法