無断BGM
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本音楽著作権協会(JASRAC)は6月9日、店舗などでBGMを使用しながら音楽著作権の手続きをしていないとして、美容室や飲食店など171事業者258施設にBGMの使用料の支払いなどを求め、全国15の簡易裁判所に民事調停を申し立てたと発表した。

JASRACによると、BGMを流す施設の著作権管理を開始した2002年当時はほとんどの施設で、店舗用の有線放送など業務用BGMを利用していた。現在はインターネットラジオや携帯音楽プレーヤーなど多様化しており、その場合、個別の著作権手続きが必要になるが、手続きをしていない施設が多くあるという。

JASRACはこれまでにも個別に呼びかけてきたが、手続きに応じない施設もあることから、今回、繰り返しの催告に応じない施設を対象に、全国の支部が一斉に法的措置をとった。一斉の法的措置は初めてという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
日経平均終値が大幅続落、360円安の2万96円
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法