伊藤忠商事
(写真=Thinkstock/Getty Images)

伊藤忠商事 <8001> は18日、法人向けデジタルプリペイド流通プラットフォーム世界最大手の米国ifeelgoods社と業務提携し、本格的に日本市場への展開を開始すると発表した。

伊藤忠商事では、これまでマイクロソフト社のSkypeクレジット用利用番号の発行・発売、各種プリペイドカードの流通、コンビニの端末でのプリペイド販売などを展開してきた。

今回、世界30カ国で1000キャンペーン以上の実績を持つifeelgoods社と業務提携することで、デジタルプリペイドの在庫管理からキャンペーン企画の立案支援、サイトの構築や運用、エンドユーザーへの配布まで一元管理することができるようになる。

デジタルプリペイドは、メーカーやサービス提供者の販売促進、ポイント・マイレージの交換対象などでの利用が見込まれ、販売促進市場は広告市場と同規模の約6兆円、ポイント・マイレージの年間発行総額は9000億円を超えるまでに拡大している。

伊藤忠商事では、2015年度中にアジア諸国にも事業エリアを拡大し、3年以内に年間取扱高1000億円以上を目指す。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
スズキ、新型ロードスポーツバイクを発売
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法