インターネット動画配信
(写真=Thinkstock/Getty Images)

電通<4324>とサイバー・コミュニケーションズ(CCI)は3日、アニメ有料放送局「アニマックス」を運営するアニマックスブロードキャスト・ジャパンと共同で、アニマックスが提供するアニメ動画コンテンツ配信サービス「アニマックスPLUS」におけるインターネット動画広告事業を8月1日から開始すると発表した。

今回の取り組みでは、3社が共同でプリロール動画広告(コンテンツの本編配信前に挿入する動画広告)を設定し、電通とCCIがその販売を担う。3社はアニメと親和性が高い若年層を狙った広告メディアとしての「アニマックスPLUS」事業で得られた収益を再投資していくことで、コンテンツの拡充とサービスの拡大を図る。

また電通とCCIは、この事業をきっかけに、ペイテレビ(有料放送)領域における広告事業でもさらなる展開を狙う。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
7816万人が夏休みに旅行、JTBが動向調査
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
6月国内ユニクロ、売り上げ11.7%減 夏物が不調
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る