旅行
(写真=Thinkstock/Getty Images)

JTBは2日、夏休み期間中(7月15日~8月31日)に1泊以上の旅行に出掛ける人の旅行動向の調査結果を発表した。総旅行人数は前年比0.1%増の7816万人と、2013年に次いで過去2番目になる見込み。

調査結果によると旅行意欲は高く、国内旅行が7561万人と前年比0.2%の増加をみたが、海外旅行は円安傾向が続いていることや国際情勢、感染症などへの不安から1.9%減の255万人にとどまるとみられる。ことしはシルバーウイークに旅行を計画している人も多い。

国内旅行の出発ピークは8月12~14日。観光、イベント参加、スポーツ観戦が増え、北陸新幹線効果で北陸や、サミット開催が決定した伊勢志摩が人気を集めている。利用交通機関は、昨夏よりガソリン価格が下がっていることや新しい高速道路の開通から、乗用車を挙げる人が増加した。平均費用は0.4%減の3万4700円。

海外旅行の出発ピークは欧州が8月8日、ハワイや東南アジアが12日、台湾など近場は16日。円安や国際情勢、感染症への不安から欧州、マレーシア、韓国への旅行者が減少、ハワイや台湾、オーストラリアの人気が高い。路線拡大でベトナム方面も伸びている。平均費用は0.7%増の25万1500円。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
羽田空港でサイバーダインのロボット導入へ
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
マクドナルドの「母親目線」は正しいのか
NTTの上場を超えるか?ゆうちょ銀行、かんぽ生命、日本郵政の上場に迫る