水力発電所
(写真=Thinkstock/Getty Images)

中部電力 <9502> は7日、昨年5月から建設工事を進めてきた阿多岐水力発電所(岐阜県郡上市)の営業運転を開始したと発表した。年間発電量は、一般家庭約360世帯分の年間使用電力量に相当する約130万キロワットを見込んでいる。

阿多岐水力発電所は、岐阜県が管理する阿多岐ダムの直下に新設し、河川維持流量を利用する。同社が岐阜県の管理するダムで初めて開発した水力発電所。ダム式発電で最大出力は190キロワット。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
アマゾンと徳島県、ヤマト運輸が災害時の物資輸送で協定
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ハークスレイ、ほっかほっか亭総本部を吸収合併、自社株買いも
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る