無人航空機
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ソニー <6758> 傘下のソニーモバイルコミュニケーションズと、ZMPは7月22日、今年8月初旬に合弁会社を設立すると発表した。自律型無人航空機を使った画像撮影とクラウドによる画像データの処理を組み合わせた産業用ソリューションを開発、提供する。

新会社は「エアロセンス株式会社」。資本金は1億円。出資比率はソニーモバイルコミュニケーションズが50.005%、ZMPが49.995%。

新会社では、ソニーのカメラやセンシング、通信ネットワーク分野などの技術と、ZMPのロボット技術、産業分野へのビジネス経験などを活かし、測量や調査、管理、点検などのトータルソリューションを開発。2016年から法人に向けてサービスの提供を開始する計画という。

ソニーモバイルは、特にIoT(モノのインターネット)市場を見据えた事業展開に注力していく方針で、この事業もその一環として取り組む。ZMP は、「Robot of Everything あらゆるものにロボット技術を応用し、安全で、楽しく、便利なライフスタイルを創造する」ことをミッションとしており、今回、空へとフィールドを広げることで、陸上ではできなかった新たなサービスの創出を目指すとしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
スーパーコンピュータ京、Graph500で世界一奪還
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る