布製品
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ワコールホールディングス <3591> は8月5日、子会社のワコールがタイ企業と合弁会社2社を設立すると発表した。材料の安定供給と材料開発力の強化が目的という。

発表資料によると、タイのSaha Pathana Inter-Holding Public Company Limited(SPI 社)と共同で材料製造会社2社を設立する。。新会社は、SPI社傘下の2社から材料事業を譲り受ける。新会社2社は今年12月に設立予定。

材料製造機能をグループに加えることで、研究、企画、設計、材料、縫製、販売という一連のバリューチェーンの強化を図ることができるという。今後の発展・成長が見込めるASEAN域内にてグローバルな材料・製品供給体制を築くことで、グループ全体の製造品質とコスト競争力の向上を実現させる考え。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る