usj_01_s

全国の主要レジャー・集客施設の運営実績と集客動向に関する調査が発表され、テーマパーク部門では「東京ディズニーランド・東京ディズニーシー」がおよそ3138万人と1位を獲得。新しいエリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」をオープンさせた「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が1270万人で前年度比21%増と大幅に集客数を増やした。「ハウステンボス」も12.8%増の279万人と3大テーマパークはそろって好調だった。

調査は綜合ユニコムが実施したもので、テーマパーク、遊園地、動物園、水族館、ミュージアムを対象に実施(入場が有料の施設)。各業種の上位5施設を公表した。同社によると、5業種10施設をみると、うち7割が前年度実績を上回ったという。

各業種のトップ5施設のランキングは以下のとおり(カッコ内は前年度比)。


テーマパークでは3大施設がそろって前年度超え

東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 31,377,000人(100.3%)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン     12,700,000人(121.0%)
ハウステンボス               2,794,000人(112.8%)
志摩スペイン村 パルケエスパーニャ      1,339,000人(94.4%)
サンリオピューロランド           1,260,000人(106.0%)

【関連記事】

・ディズニー、クリスマスイベントの概要を発表

・「ディズニー vs USJ」2015年はどちらに軍配?



遊園地ではサーキットが好調

鈴鹿サーキット    1,989,000人(101.3%)
よみうりランド   1,342,000人(108.8%)
ひらかたパーク   1,093,070人(114.9%)
としまえん      1,033,561人(99.0%)
ツインリンクもてぎ  674,211人(110.3%)


動物園は上位が軒並み前年度実績をクリア

東京都恩賜上野動物園     3,693,757人(105.8%)
名古屋市東山動植物園     2,271,248人(101.9%)
旭川市旭山動物園      1,651,430人(100.1%)
神戸市立王子動物園     1,167,439人(105.8%)
天王寺動物園         1,143,213人(100.9%)


前年度割れする施設が多い中、堅調だった美ら海水族館

沖縄美ら海水族館      3,230,000人(106.5%)
海遊館            2,190,000人(90.4%)
名古屋港水族館        1,967,223人(96.4%)
東京都葛西臨海水族園     1,472,108人(100.4%)
サンシャイン水族館      1,291,000人(95.0%)


ミュージアム 科博が大幅前年度割れ、日本科学未来館71%増

国立新美術館        2,620,350人(129.2%)
東京国立博物館      1,889,040人(142.9%)
金沢21世紀美術館      1,761,324人(119.5%)
国立科学博物館       1,735,420人(73.4%)
日本科学未来館       1,466,367人(171.1%)

(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・テーマパーク企業、2014年の収入高1位はオリエンタルランド
・時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
・なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?