ギリシャ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

格付け会社フィッチ・レーティングスは8月18日、ギリシャの長期債務格付けを従来の「CC」から「CCC」に引き上げた。国際債権団がギリシャへの金融支援を決定したことで、同国の債務不履行(デフォルト)リスクが低減したと判断した。

14日のユーロ圏財務相会合で、ギリシャ政府と国際通貨基金(IMF)などの債権団が最大860億ユーロ(約11兆9000億円)の金融支援で合意した。フィッチはこのことについて「ギリシャの民間セクターへの債務がデフォルトになる可能性は低下した」と指摘した。

フィッチは今年6月、同国格付けを「CCC」から「CC」に引き下げていた。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
7月の貿易収支、4カ月連続の赤字
11月4日上場へ NTTを超え過去最高額?郵政3社上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?