ソフトバンク
(写真=Getty Images)

ソフトバンクは24日、世界最大手のインターネット映像配信ネットワークNetflix,Inc.(ネットフリックス)の日本法人Netflixと、日本でのサービス取り扱いについて業務提携したと発表した。9月2日にサービス開始となる。

Netflixは、独自に制作したオリジナルドラマシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを、フルHDや4Kなどのハイクオリティーな映像で見られる月額定額制のサービス。

業務提携により、日本でNetflixの申し込み受け付けから請求までまとめて提供できるのはソフトバンクだけ。今後、オリジナルコンテンツの共同制作も検討していく。

今回の日本でのサービス開始に合わせて、Netflixは3つの視聴プランを提供。画質や同時に視聴できるストリーミング数に応じて視聴プランを選ぶことができ、あらゆるデバイスで楽しめる。加入後1カ月間は無料で利用できる。

ソフトバンクでは、Netflixの加入申し込みを、SoftBankの携帯電話または光ブロードバンドサービス「SoftBank 光」を利用している顧客を対象に、ソフトバンクショップや家電量販店などの店頭、専用サイト、コールセンターで9月2日から受け付ける。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界のイノベーティブ企業25社 日本からは楽天のみランクイン
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】