ロボット
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ロボット開発のZMPは25日、エヌビディア(NVIDIA)と自動運転技術開発で協業を開始したと発表した。

ZMPはディープラーニングを応用した画像認識システム開発に着手し、NVIDIA DRIVE PX向けのソフトウェア販売を目指す。合わせてNVIDIA DRIVE PXをZMPの自動運転車開発プラットフォームRoboCarシリーズへ搭載し、自動運転技術開発者向けに販売を始める。

エヌビディア日本代表兼米国本社副社長の大崎真孝さんは「NVIDIAは自動運転車や高度なロボティクスの実現に向けて貢献している。NVIDIA DRIVE PX搭載のRoboCarシリーズの提供で、自動運転の実現に大きな前進となることを確信している」とコメントした。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ベッカムがジョーダン超え?世界で最も収入が多い「引退したスポーツ選手」ベスト10
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】