薬
(写真=Thinkstock/Getty Images)

合同会社西友がディー・エヌ・エー <2432> と協働で運営するネットスーパー「SEIYU ドットコム」は8月25日から、第一類医薬品約60品目の販売を開始した。ネットを活用した一般用医薬品の購入ニーズが高いことから、これまで提供している食品や日用品の買い物とワンストップで購入できるようにした。

発表によると、ネットでの一般用医薬品購入では、店頭と比べて、購入時に人目を気にすることが多い育毛剤や衛生用品、錠剤を中心とする容量の多い商品などの売れ行きが好調という特徴があるという。

そこで、今回のラインナップでは、この点を踏まえた商品を取り揃え、西友ならではの低価格で提供することを目指す。育毛剤の「リアップ」、強壮剤の「キンジャセイ」、鎮痛剤の「ロキソニンS」などを販売する。

「SEIYU ドットコム」では、13年11月から、第二類及び第三類の医薬品の販売を開始し、現在約1400品目の一般用医薬品を取り扱っている。低価格路線を追求することで、取り扱い開始以来好評を得ており、2015年6月度のネットでの一般用医薬品売上は、前年同月比で60%以上の売上増を記録しているという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ベッカムがジョーダン超え?世界で最も収入が多い「引退したスポーツ選手」ベスト10
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】