海上油田
(写真=Thinkstock/Getty Images)

JXホールディングス(HD) <5020> は8月26日、子会社のJX日鉱日石開発を通じて、ブラジル北部沖合にある鉱区の権益を取得したことを明らかにした。同社のブラジルへの進出については、今回が初めて。

今回、JXHDは、ブラジルアマパー州沖合のフォスドアマゾナス堆積盆の浅海探鉱鉱区「FZA-M-320 鉱区」の権益を取得。実質100%子会社の現地法人を通じて、エコペトロール社の子会社から権益を取得する。なお、JXHDが取得する鉱区権益は全体の30%となる。

JXHDは「今後の探鉱作業により、鉱区のポテンシャルを評価していくとともに、同国でのさらなる事業展開について検討していく予定」だとしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ベッカムがジョーダン超え?世界で最も収入が多い「引退したスポーツ選手」ベスト10
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】