brangelina
(写真=Thinkstock/Getty Images)

9月に入ると、フランス各地の小売店では「ワインフェア(フォワール・オ・ヴァン)」が展開される。この時期に1年分のワインを買い揃えるという愛好家たちが、毎年密かに注目しているのが"セレブ謹製"ワインだ。ただ単に有名人の名前を冠しただけではない、実力派のワインが揃っているのがその理由。ワインへのあふれる愛情からか、経営者としての才覚が元々優れていたのか、いずれにせよ、セレブの「副業」の枠を超え、着実にファンを築いている。

まずはブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー夫妻の「ミラヴァル・ロゼ」。米国のワイン専門誌で世界一のロゼに選ばれたこともあるふくよかな味わいと、夫妻の手がけたシックなボトルが人気だ。オーガニック栽培へのこだわりも高く評価されている。日本での販売価格は3000円前後。

セレブワイナリーの先駆け、フランシス・フォード・コッポラのスパークリング白ワインも引き続き好評だ。コッポラの娘の名をつけた「ソフィア」はフルーティーでシャンパンのような華やかさを持ちながらも、低価格。この、ソフィアが父に注文した3つの条件を、コッポラは忠実に再現、娘の結婚にあたりプレゼントしたという逸話も忘れがたい。

そして、フランスが誇る名優、ジェラール・ドパルデュー。「シャトー ド ティニエ」は、自身のサイン入り、似顔絵のエチケットが目印のボルドーワインだ。1日10本以上のワインを飲めると豪語するドパルデューのワインはさすがによく吟味されていて、辛口の白などはふわっと甘い余韻まで、計算し尽くされている。

こういった、セレブの名前がなくとも勝負できるレベルのワインは他にも数多い。味や香りはもちろん、バックに物語を感じさせるセレブワインを探すのも、この秋の楽しみのひとつだ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ベッカムがジョーダン超え?世界で最も収入が多い「引退したスポーツ選手」ベスト10
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】