特集「本を読む。」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 専門家たちの金言 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
その他世界
Written by ZUU online編集部 1,197記事

豪シドニーに2カ所目のFinTechハブ誕生 NPOストーン・アンド・チョーク設立

Stone & Chalk
(写真=HPより)

 FinTech(フィンテック)関連企業の拠点となるオフィスが8月、豪シドニーに誕生した。Stone and Chalk(ストーン・アンド・チョーク)という独立非営利組織によるもので、シドニーでは今年2月に設立されたTyro(タイロ)に続き2カ所目だ。

オープニングセレモニーには州政府大臣も参加

 ストーン・アンド・チョークは、世界トップレベルのFinTech企業を育成し、彼らの発展を促進させることを目的に掲げている。同業界でアジア・パシフィック地域の中心的存在となることを目指しているという。

 事務所は、シドニーの経済と交通の中心地であるセントラル・ビジネス・ディストリクトのAMPタワーに2300平方mの広大なスペースを確保。6カ月間におよぶ真剣な選考を通過した41社のスタートアップが入居した。たとえばCrowd MoneyやEi8ht、Mafematica、Moroku、RainCheck、TradeFloor、VentureCrowd、Zetarisなど。参加企業の分野は、暗号通貨やデータ分析、コンシューマー向けアプリ開発など多岐にわたっている。

 ストーン・アンド・チョークCEOのアレックス・スカンドゥーラ氏は、「集まったオーストラリアの優秀な企業に一つ屋根の下で共働してもらって、彼らが急成長できるよう支援したい。最終的にはグローバル企業化の実現を目標としている」と話す。

 ストーン・アンド・チョークは、アメリカン・エクスプレス、オーストラリア最大の投資銀行であるマッコーリー銀行、オーストラリアの大手銀行ウェストパック銀行などの企業から200万豪ドル以上(約1億7000万円)の資金を調達。ニューサウスウェールズ州政府からも援助を受けているという。

 オープニングセレモニーにも参加した州政府の産業大臣は「ストーン・アンド・チョークのおかげで同州がFinTechのグローバル市場として注目を集めるようになるのではないか」と期待を込めて話した。

 設立時点では41社で総計120人だが、今年末までに200社を目指すという。最初に参加が決まった企業は次の通り。

Calibre Financial Technology、Crowd Money、easyshare、Ei8ht、Financial Crimes Solutions、Fincast、Foreign Exchange Central、FUNDEXA、Grow Capital、H2 Ventures、iDATS、Inamo、InstaReM、iungo.co、Macrovue、Mafematica、Metamako、Monetise、Moroku、Neu Capital、NexPay、Open Orbit、Ordermentum、Physi Secure、Piggy、Private Reporting、ProWise、Rental Cover、RainCheck、Reinventure、Simple KYC、SuperGuide、TradeFloor、VentureCrowd、Zetaris

(ZUU online 編集部)

【関連記事】
Square、flint、PayPal……海外スマホ決済サービス比較【FinTech】

金融とITの融合「フィンテック(FinTech)」が世の中を変える
【FinTech】Mint、PowaTag……海外発の注目アプリ・サービス5選 2015年9月
日経新聞/日 経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
証券業界に革 命?「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)」に注目が集まる理由

豪シドニーに2カ所目のFinTechハブ誕生 NPOストーン・アンド・チョーク設立
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

今話題の『FinTech』

PREV アセアン企業の国際展開-アセアン諸国の投資動向とタイの有力...
NEXT アジア新興国・地域の経済見通し~輸出不振に加え原油価格下落...