iPad Pro
(写真=HPより)

Appleが発表した新しいタブレットはiPad Pro、iPad mini4両機ともCPU(汎用処理)、GPU(画像処理)の高い性能やバッテリー持ちの良さなど、メリットを語るに事欠かないツール。今回はビジネスでの可能性に焦点を当て、その魅力に迫っていきたい。


iPad ProがあればノートPCは不要!?

iPad Proで注目すべきは、圧巻の12.9インチRetinaディスプレイだろう。すでに発売が始まったiPad mini4を横に2つ並べたサイズといえば、これまでのiPadにはない大きさが想像できるのではないだろうか。

解像度は13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを凌駕する2732×2048ピクセル。今流行りの4K画質とまではいかないが、メインに使い1台としては申し分のないレベルだといえる。

ハイスペックな大画面でありながら、重さは初代iPadとほぼ同じ0.71kgという軽さをキープ。薄さに至ってはiPhone6と同じ6.9mmだというから驚きだ。その携帯性と表現力の高さは、1日に何件もの商談を抱え、質の高いプレゼンを求められる営業担当者などビジネスパーソンにとって、力強い武器となるのではないだろうか。


アクセサリによって高まる操作性

iPadをメインの1台検討する場合、懸念されるのは操作性だろう。キーボードのないユーザインタフェースは、普段はPC操作になれている者にとって、若干の使いづらさを覚えてしまう。

しかし、今回はカバーとキーボードが一体化した「Smart Keyboard」や書き心地の良さが噂されるスタイラスペン「Apple Pencil」などのアクセサリが円滑な操作をサポートしてくれそうだ。Appleは純正アクセサリとマシンとの一体感には定評があるだけに、きっとストレスレスな操作環境でビジネスに没頭させてくれるだろう。