イメージセンサー
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ソニー <6758> は8日、距離画像センサー技術を持つベルギーのソフトキネティックシステムズ(ブリュッセル市)を買収し、完全子会社化したと発表した。買収金額は非公表。

ソフトキネティックシステムズは同社はベルギーと米カリフォルニア州に拠点を持ち、Time of Flight 方式の距離画像センサーの開発などを手掛けている。同方式は、光源から出された光が対象物で反射し,センサーに届くまでの光の飛行時間(遅れ時間)を検出することで、対象物までの距離が得られる距離測定の方式の一つ。

ソニーは、ソフトキネティックシステムズの ToF 方式距離画像センサー技術を、当社のイメージセンサー技術に応用し、イメージセンサーを撮像して記録する用途だけでなく幅広い情報をセンシングするためのセンサーとして活用していくという。

また、今回の買収による2015年3月期の連結業績への影響は軽微としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・金曜ロードSHOW!「ハウルの動く城」で株式市場が大荒れ?
・11月4日上場へ!日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の上場を徹底解剖
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・証券業界に革命?「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)」に注目が集まる理由