ThinkstockPhotos-159367974
(写真=Thinkstock/Getty Images)

「フォーブス400(全米長者番付)」をもとに、スポーツ業界で巨額の収入をあげた人々を順位付けした「スポーツ業界ベスト14」を今回は紹介する。

2015年の首位に選ばれたスタンレー・クロエンケ氏は、総合ランキングでも63位と「スポーツ帝国」の名に恥じない健闘振りを見せている。ジェリー・ジョーンズ氏はダラス・カウボーイズの業績が前年比25%増で堂々のトップ3入り。

ロバート・クラフト氏もQBのシーズン4試合出場停止処分やソフトボールの違反使用など、相次ぐスキャンダルにも負けず3位の座を獲得した。今年上位にランクインした15人の大半は前年からランクアップしており、来年の結果が今から楽しみだ。


14位 ロレンソ・フェティータ 17億ドル(約2040億4420万円)

アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)オーナー

米総合格闘技団体・アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)オーナー。兄フランク・フェティータ氏と友人ダナ・ホワイト氏とともに、2001年に破産寸前だった格闘技団体を200万ドル(約2億4005万円)で買い受け、瞬く間に141カ国で中継される「世界のUFC」に急成長させた。米ゲーム会社・ステーションカジノや米ホテルマネージメント会社・フェティータ・エンターテイメントも経営している。


14位 フランク・フェティータ3世 17億ドル(約2040億4420万円)

UFC共同運営者

同位ランクインの弟ロレンソ・フェティータ氏と友人ダナ・ホワイトとともに、UFCを共同運営している。弟同様、1993年に父親から受け継いだステーションカジノと1991年に設立したフェティータ・エンターテイメントも経営している。


13位 アルトゥロ・モレノ 18億ドル(約2160億4680万円)

ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムのオーナー

米プロリーグ野球チーム(MLB)・ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムのオーナー。米アリゾナ大学でマーケティングを専攻後、就職先の米掲示板広告会社・アウトドア・システムの公営化に乗り出し、株価が高騰したのを見計らって米ラジオ局に売却した。

野球チームは2003年に米ウォルト・ディズニー・カンパニーから1億 8400万ドル(約220億8478万円)で買収。米アリゾナ州で商業用不動産も経営している、


12位 デニス・ヨーク 19億ドル(約2288億4550万円)

サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(49ERS)の共同会長

昨年チーム価値が69%もアップした米NFLチーム・サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(49ERS)の共同会長。父親は不動産業で大成功を収め、フォーブス誌初の「全米長者番付」にもランクインしたエドワード・デバートロ氏。

デパートロ氏の死後、デバートロ・コーポーレーションを引き継いだが、その後会社が所有していたショッピングモールを全て売却し、兄が父から引継ぎ23年間運営していた49ERSを2000年に買収した。


11位 ジェームス・フランシス 20億ドル(約2408億9000万円)

NASCARのオーナー

1948年に父親ウィリアム・フランス氏によって設立された米最大級のモータースポーツ統括団・NASCARのオーナー。Fox やNBAとの中継契約は10年間で80億ドル(約9635億6000万円)と言われているほか、NASCARのレーストラック管理会社・インターナショナル・スピードウェイ・コーポレーションの会長も務めている。


10位 ダニエル・スナイダー 21億ドル(約2529億3450万円)

ワシントン・レッドスキンズのオーナー

米NFLチーム・ワシントン・レッドスキンズのオーナー。1989年に姉と立ち上げた壁面広告会社をマーケティング事業に拡大後、2000年に多国籍マーケティング企業・ハバスに20億ドル(約2408億9000万円)で売却した。

レッドスキンズは1999年に8億ドル(約963億5600万円)で共同買収し、現在28億5000万ドル(約3432億6825万円)の資産価値に高騰。


8位 ジョン・ヘンリー 22億ドル(約2649億7900万円)

ボストン・レッドソックスのオーナー

米MLBチーム・ボストン・レッドソックスのオーナー。1989年に3流の野球チームへの投資でスタートさせたビジネスが、ことごとく大ヒット。2002年に3億8000万(約457億6910万円)ドルで共同買収したレッドソックスのチーム資産価値は、21億ドル(約2529億3450万)まで高騰している。


8位 トム・ベンソン 22億ドル(約2649億7900万円)

ニューオリンズ・セインツ兼ペリカンズのオーナー

米NFLチーム・ニューオリンズ・セインツ兼米NBA ペリカンズのオーナー。ニューオリンズの大学で会計を学んだ後、地元ルイジアナ州でカーディーラー事業を拡大する一方、銀行投資で更に利益を増やした。

1985年に将来性をいち早く見越して破格の安値(7000万ドル/約84億3115万円)で買収した弱小チーム・セインツの資産価値は、現在15億 1500万ドル(約1824億7417万円)という驚きの成長ぶりを見せている。