コンビ二
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本フランチャイズチェーン協会は20日、9月の全国コンビニエンスストア統計を発表した。売上高は、既存店ベースで前年同月比1.3%増の7794億円となり、6カ月連続で前年実績を上回った。

来店客1人当たり平均購入金額は2.6%増の598.5円で、6カ月連続のプラスだった。来店客数は全店ベースでは2.2%増だったが、既存店ベースでは1.2%減だった。

台風など天候不順の影響で来店客数は減少した。一方で、店頭で提供するいれたてコーヒーを含むカウンター商材が好調だったほか、「シルバーウイーク」を含む行楽シーズンでおにぎりや弁当などの中食も好調に推移。全店、既存店とも売上高は前年を上回る結果となった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・美容院が危ない?「マイナンバー倒産」リスクがある4つの業界
・11月4日上場へ!日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の上場を徹底解剖
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・証券業界に革命?「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)」に注目が集まる理由