中国株市場では投資ファンドの動きが活発だ。 個別株売買が中心だった個人投資家も、最近では公募投資信託を購入するケースが増えている。著名ファンド商品の動きから投資マネーの流れを見てみよう。

ファンドマネーの動きを追え

 公募投信の存在感が日に日に増している。天相投資顧問のまとめによると、公募投信の株式純資産総額(残高)は2021年3月末時点で5兆2700億元(約87兆円)。 A株市場の流通時価総額に占める比率は8.22%で、18年末時点の4.29%から大きく上昇した。

中国の投資家は、概ね四半期毎に公表される各ファンドの運用実績や組み入れ銘柄を常にチェックしている。「どの投信が何の銘柄にシフトしたのか」を細かく精査し、投資のヒントを探るのに必死だ。 最近、ベンチマークとして注目されているのは、地場系大手の易方達基金管理(E Fund Management)のファンドマネージャー、張坤氏が運用する4本のファンドだ。運用規模は計1331億元(約2兆円)で、パフォーマンスも良好。一番人気は「易方達藍筹精選混合」で、主に中国と香港のブルーチップに投資している。21年3月末時点での運用規模は880億元(約1兆4500億円)で、昨年末から約3割増加。中国でも最大規模の投資信託だ。

東洋証券0517
(出所)同花順データより東洋証券作成 ※20/1/2=100として指数化

「明星基金経理(スターファンドマネ-ジャー)」とも言われる張氏のファンドの特徴をまとめると、
◇白酒株をまだまだ買い増し、
◇銀行株も新たに組み入れ、
◇中小型のIT・ハイテクや医薬株に投資、、
◇食品・飲料はウェート引き下げ――などとなる。

グロース株重視の姿勢は大きく変えないものの、金融など従来型セクターにも目配りしているようだ。 具体的に見ると、易方達藍筹精選混合は21年1~3月期で宜賓五糧液を1000万株超買い増し、同銘柄は組入比率トップに躍り出た。貴州茅台酒や瀘州老窖など大手白酒株も揃って買われている。また、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)の2000万株買い増しも目立つ。招商銀行や平安銀行なども新たに上位10社にランクイン。香港株では、香港証券取引所の比率が10.04%まで上昇したほか、美団やテンセントなどニューエコノミー株が投資の中心だ。
香港市場ではチャイナマネーの流入が膨らんでおり、中国地場系ファンドの動きから注目銘柄が分かってくる。規模は大きくはないものの、これも張氏が運用するQDIIファンド「易方達亜洲精選股票」の上位銘柄には、美団やテンセントに加え、京東集団、アリババ集団などネット・ハイテク系が並ぶ。銀行や教育関連のウェートを増しているのも特徴だ。 「ファンドが買えば株価が上がる」と単純にはいかないが、中国の個人投資家は「長い物には巻かれろ」的な特徴もある。他の市場よりは大口マネーの流れについていきやすいと言える。実際、杭州海康威視数字技術や香港証券取引所はファンドの買い増しが伝えられると株価が右肩上がりとなってきた。人気ファンド商品の銘柄入れ替えに沿った中国株投資も一定程度有効だろう。

東洋証券
(出所)QUICKデータより東洋証券作成 ※20/1/2=100として指数化
東洋証券
(出所)QUICKデータより東洋証券作成 ※20/1/2=100として指数化
東洋証券
(出所)東方財富網などより東洋証券作成 ※*は米上場ADR

奥山要一郎(おくやま・よういちろう)
東洋証券 上海駐在員事務所 所長
2007年入社。本社シニアストラテジスト等を経て、2015年より現職。
中国現地で株式動向のウォッチや上場企業取材などを行い、中国株情報の発信・レポート執筆を手がける。

>> 中国株を始めるなら東洋証券

外国証券等について
・外国証券等は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き、日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。
手数料等およびリスクについて
外国株式等の手数料等およびリスクについて
・委託取引については、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して 最大1.1000%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、本書面上その金額等をあらかじめ記載することはできません。
・国内店頭取引については、お客さまに提示する売り・買い店頭取引価格は、直近の外国金融商品市場等における取引価格等を基準に合理的かつ適正な方法で基準価格を算出し、基準価格と売り・買い店頭取引価格との差がそれぞれ原則として2.50%となるように設定したものです。
・外国株式等は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。

この資料は、東洋証券株式会社が信頼できると思われる各種のデータに基づき投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成したもので、投資勧誘を目的としたものではありません。また、この資料に記載された情報の正確性および完全性を保証するものでもありません。また、将来の運用成果等を保証するものでもありません。この資料に記載された意見や予測は、資料作成時点のものであり、予告なしに変更することがありますのでご注意ください。この資料に基づき投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、東洋証券株式会社は、理由の如何を問わず、一切責任を負いません。株価の変動や、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがありますので、投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなされるようお願い致します。この資料の著作権は東洋証券株式会社に帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願い致します。

◇商 号 等:東洋証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第121号 ◇加 入 協 会:日本証券業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会 ◇本 社 所 在 地:〒104-8678 東京都中央区八丁堀4-7-1 TEL 03(5117)1040 https://www.toyo-sec.co.jp

    関連タグ